のびのびと健やかに、一人ひとりを認め、褒めて伸ばすたから幼稚園

140731_1

たから幼稚園ってどんな幼稚園?

広い園庭、環境の整った保育室、経験豊かな先生のもとに、のびのびと遊び、学び、子供たちの心身の調和的な発達を図っています。使わなくなったおもちゃを供養してあげるなど、思いやりのある人間を育む、基本的な生活習慣と望ま しい社会的態度を育成している幼稚園です。他にも豊かな創造性と思考力・判断力を培うような取り組みを行っています。

園長先生からのごあいさつ

昭和26年に宗教法人として開園した「たから幼稚園」は昭和60年には学校法人に移行し、地域の皆様の絶大なるご支援とご協力をいただき、60年近くの歴史を刻んできました。この間、7,500余名の園児を世に送り出しました。卒園児たちは市内をはじめ、 県内外で「済世利民(さいせいりみん)」の精神で世のため、人のために持てる能力を発揮して多方面で活躍しています。

たから幼稚園は、一人ひとりの良さを認め、褒め、伸ばす保育に全教職員が一丸となって取り組み、健康で明るく、友達と仲良く元気よく 遊ぶ事ができ、現在の子どもに欠けていると言われている思いやりの心を育てることに努めています。そして、子どもたちにとって、毎日が楽しい幼稚園であることを目指しています。

 

教育方針

「子どもたち一人ひとりの個性の個性を伸ばし、心身ともに豊かな子どもに育成する」ことを第一に考えていて、3つの教育目標を掲げています。「じょうぶで あかるい子ども」「よく考え、よく遊ぶ子ども」「ともだちと仲良くし、思いやりのある子ども」。自由保育と一斉保育を調和的に行った総合保育。遊びや行事の経験を通して、心が豊かになっていきます。運動にも力を入れているのが大きな特徴で、子どもたちに大好評な「運動あそび」では、丈夫な身体づくりに取り組んでいます。子どもたちに達成感を味わわせ、マット運動跳び箱など、自ら運動の楽しさに目覚めていくそう。園庭で遊ぶ子どもたちの運動能力の高さに目を奪われます。

たから幼稚園の特徴

一斉保育での季節の行事や運動遊びなどを通して、みんなで協力しあう心を育まれていきます。お寺の幼稚園ということで、「おもちゃ供養」などを通して、遊び相手になってくれたおもちゃに感謝する気持ちを育てる教育、園庭の遊具で遊ぶときに順番をきちんと守る姿や友達と一緒に協力しあう砂遊び、運動遊びなど、子ども達は心と身体を豊かにするたくさんの経験をしていきます。

1日のスケジュール

8:30~9:30 登園
9:30~10:00 自由遊び
10:00~11:50 一斉保育
11:50~12:45 給食準備・給食
12:45~13:10 自由遊び
13:10~13:30 降園準備
13:30~ 降園

年間行事

4月 入園式/花まつり 10月 大運動会/芋煮会
5月 遠足/交通安全教室/ 11月 もちつき大会/職場見学
6月 プール開き/親子ふれあい遊び 12月 おゆうぎ会
7月 保育参観日/みたままつり/お泊まり保育 1月
8月 2月 節分豆まき/なわとび会
9月 3月 おもちゃ供養/卒園式

たから幼稚園の基本情報

園名 たから幼稚園
設立 昭和26年
定員 240名
職員 20人
電話 024-922-1973
住所 福島県郡山市堂前町1-7
URL http://www.takara-y.jp
進学 金透,橘,桃見台,芳山,大島,柴宮,小原田,芳賀
送迎
制服
給食 月・火・水・木・金 おかず・牛乳の給食(ご飯は持参) 月に1~2回手作り弁当
費用 入園料金 26,000円
※受付当日にて申し受けます保育に必要な経費(月額)
※年11回、8月は徴収しません
(1)保育科 16,000円
(2)施設費 1,100円
(3)行事費 1,100円
(4)教材費 1,700円
(5)冷房費 600円 (7月・9月)
(6)暖房費 600円 (11月~3月)
(7)絵本代 約450円
(8)PTA会費 700円
(9)誕生会費 1,800円 (4月1回のみ)
(10)給食費 4,500円
(11)バス協力費 1,500円 (4月1回のみ)

※給食は、園児が幼稚園生活に慣れ始まる4月中旬頃から実施いたします。

その他 その他の経費
預かり保育
降園~18:30
早朝 200円降園~16:00まで400円
降園~18:30まで 800円
土曜日・長期休業中は別途料金になります
主な教室
その他特徴送迎バスについて、3台で運行します。バス利用希望者は後日確認します。
1)往復の場合=年額44,000円(月額4,000円)
片道の場合=年額22,000円(月額2,000円)
※バス利用の変更は可能です。
※バスに「GPS」(園ぴゅう太)を取付け、バスの運行状況をインターネットや携帯電話から確認できるシステムを導入しました。朝の貴重な時間を有効にでき、冬の寒い停留所で長時間待つこともなくなります。