子育て
石川町

次世代のリーダーを育てる「石川義塾中学校」の独自プログラム、『7つの習慣J®』がスゴイ!

2008年の創設後、難関大学の合格者を次々輩出している石川義塾中学校。県内でも数少ない首都圏型の中高一貫校として、公立校にはない様々な教育カリキュラムを受けられるのが特徴です。もうひとつの特徴が学習力だけでなく人間力や国際感覚を身に付けるための話題のプログラムを取り入れていること。そのプログラムこそ『7つの習慣J®』。「どんなことを学ぶのか?」「子どもたちにどんな影響をもたらすのか?」など、石川義塾中学校の近藤先生に伺ってきました。

―そもそも7つの習慣J®とはどのようなものなのですか?
『7つの習慣®』が誕生したのはアメリカ。スティーブン・Rコヴィー博士が一人の人間として成功するために必要な能力を『7つの習慣®』として書籍にまとめたのがはじまり。世界36か国で翻訳・販売され、全世界2000万部もの販売を記録するベストセラーです。実際に多くの企業で社員教育としても導入されているんですよ。これを中学生や高校生が理解しやすく、日常生活の中で習慣化できるように作られたものが『7つの習慣J®』です。

―なるほど。習慣化することでどんな利点があるのですか?
本来、習慣とは人が無意識に繰り返して行う行動のこと。しかし「知識」「スキル」「やる気」の3つの要素さえあれば、意図的に行動を習慣化することができます。つまり、習慣は変えられるもの!石川義塾中学校では、成功者の行動習慣を研究して見出された『7つの習慣J®』を実践することで、生徒たちを次世代のリーダーにふさわしい人材を育てることを目指しています。

―具体的に7つの習慣J®とは何をすればいいのでしょう?
7つの習慣とは以下の表の通りです。

<私的成功のための習慣>
第1の習慣…自分が選択する
→感情的な反応に身を委ねたり、受け身で行動するのではなく、自分で振る舞い選択するようにしましょう。

第2の習慣…終わりを考えてから始める
→短期的・長期的な夢や目標を掲げて、完成形をイメージすることが大切です。「何のために行動するのか」を意識すると、自分に何が大切かが見えてきます。

第3の習慣…一番大切なことを優先する
→行動を重要度と緊急度で4つに分類します。一番重要であることを優先することで、無駄を省き目標に向かって自分を成長させることができます。

<公的成功のための習慣>
第4の習慣…Win-Winを考える
→人間関係の中で、双方にメリットがある考え方や納得する方法を意識するようにしましょう。結果だけでなく、プロセスの考え方も大切です。

第5の習慣…まず相手を理解してから、次に理解される
→人の話を自分の経験で解釈したり評価してはいけません。相手の目線で考え、相手の言葉に耳を傾けるのが重要です。

第6の習慣…相乗効果を発揮する
→違いを尊重し、シナジー的なコミュニケーションをとるようにしましょう。妥協ではなくお互いにメリットのある方法を取ることで相乗効果が期待できます。

<自己研鑽のための習慣>
第7の習慣…自分を磨く
→習慣化するのには繰り返し続けることが重要です。1~6の習慣を意識しながら自分を磨いてみてください。

―簡単そうに見えていざ実践するとなるとなかなか難しそうな気がします。
そうですよね。石川義塾では中学校と高校でそれぞれ1年間、授業科目として7つの習慣jを学んでいます。授業は週に1回、ファシリテーターの資格を持つ教師によって行われます。毎回テーマを変えながら、それぞれの習慣をじっくり学ぶのが特徴で、目標達成の為にどうするかを考え、みんなの前で発表したり、人生の設計図を作ってゴールから逆算し、今何をすべきかをワーク授業で考えたり、著名人の例を参考にするなど、授業の種類も様々です。

実際の授業風景

―これなら楽しみながら率先して取り組めそうですね。
自ら考え、学び、行動し、様々な問題を解決できるアクティブラーナー(能動的学修者)にすることが7つの習慣J®のそもそものコンセプトでもあります。実際、習慣化することでこんな効果が期待できるんですよ!

<期待される効果>
・自分自身のコントロールができる
・少ない時間で多くのことができる
・友達とよい関係になる
・自信が増す
・賢い判断ができる
・幸せになれる
・親とうまくいく
・すべてのバランスがとれる
・価値観や大切なものがはっきりとする

―大人にとっても参考にしたいことがたくさんあります!
しかも、ただ学んで習慣化するだけでなく、アウトプットとしての実践も大切にしています。
たとえばチャレンジカップへの参加はその代表例です。「自分で決めた目標に挑戦する」大会で、生徒たちは勉強やクラブ活動、社会貢献や夢などの課題に半年間かけてチャレンジし、その経験で得た成果をみんなの前で発表します。この大会で石川義塾中学校は2019年に最優秀賞を、2017年にはグランプリ大賞と最優秀賞を受賞しているんですよ。

2019年 最優秀賞を受賞した生徒

―中学~高校にかけての多感な時期に学校でこうしたことを学べるのは本当に大きな財産になると思います。今日はありがとうございました。

体験入学・説明会で石川義塾中学校の魅力を実際に体感してみよう!↓
「学校法人石川高等学校・石川義塾中学校」説明会日程

インタビュー中にでてきた「チャレンジカップ」って何?↓
石川義塾中学生から聞いた「チャレンジカップ」で僕はここが成長した!

こちらの記事もチェック↓
公立校とはここが違う!「石川義塾中学校」の中高一貫課程の7つの魅力

SHOP INFO

石川義塾中学校(中高一貫過程)

Googleマップ

石川郡石川町字大室502番地

    連載