保健師| プロフェッショナル夢名鑑 

その地域に住む人々の生活に寄り添い、健康をサポートする。徐々に増えつつある男性保健師にお話を伺ってきました。

人と接することが好きなので、自分がその人の役に立てると嬉しいです。

「新たな経験となる母子保健業務では、妊産婦さんが話やすい雰囲気や環境つくりも心掛けています」と増子さん。

小さい頃はどんなお子さんでしたか?

増子 よく周りの友達の変化に気づいて、体調が悪そうな子や元気がなさそうな子に声をかけていました。クラスの中でも世話好きというか、面倒見の良い方だったと思います。声をかけると相手からも返事がくるので、それに対して自分ができることをしたり、話を聞いたりと人と接することが好きだったんでしょうね。

保健師を目指したきっかけは何ですか?

増子 今は行政保健師として勤務していますが、以前は看護師として働いていました。宮城県の病院で、麻痺が残る患者さんのリハビリや自宅に戻るための退院調整に関わる業務をしていました。それを通して、患者さんが入院前も退院後も生活していくのは、自宅のある地域だということを改めて実感したのです。そこで地域医療を深めたいと思い、より地域に密着した仕事の出来る保健師の資格を取ろうと思いました。

地域に密着した仕事とはどのようなことですか?

増子 一概には言えませんが、看護師は病気やけがをした患者さんの治療の手助けをすることが多く、通院や入院中など限られた期間のサポートが中心となります。一方、保健師は入院前や退院後に患者さんが住み慣れた場所で、在宅療養やリハビリテーションなど生活に根差した支援もできますし、高齢者が多い地域では介護予防のための運動教室を開くなど地域の特色に応じた活動ができます。また、病気の人だけでなく、健康な状態の人も含め、地域に住む人々の健康を予防医療の面からもサポートすることもできるんですよ。

保健師になるのは大変ではありませんでしたか?

増子 福島県立医科大学に編入し保健師になるための勉強をしました。私と同じように看護師から保健師を目指す仲間もいましたし、分野は違えど周りの人の頑張る姿は励みになりましたね。卒業と同時期に国家試験を受け、保健師の資格を取り、その後は郡山市内にある総合病院の救命救急センターで、もう一度看護師として急性期や外傷についても経験を積みました。その中でより生活に密着した支援をするためには、公務員である行政保健師になるのが良いのではないかと考え、働きながら採用試験の勉強をしました。現役学生とも競うことになるので、試験直前は夜勤だけのシフトにしてもらい、意識的に時間は確保していました。負けないぞという気持ちは人一倍強かったと思います。

今は保健師としてどのようなお仕事をされているのですか?

増子 幼児健診時の問診、保健指導・相談、介護予防教室など保健師の活動は多岐に渡ります。昨年、台風被害が出た際は、避難所を巡回し避難者の健康状態の確認や相談対応もしました。子どもからお年寄りまで幅広い年齢層の方を相手にするので、その時々に応じて、説明の仕方や話し方にも気を付けています。今年からは新たに母子保健にも関わるようになり、妊産婦さんの支援サービスについての説明なども行っています。

どんな時にやりがいを感じますか?

増子 やはり「ありがとう」と感謝の言葉や「説明が分かりやすかったよ」とお褒めの言葉を頂くと嬉しいです。また、母子保健のように新しい経験ができていることはやりがいに繋がっています。男性保健師だと話しづらい妊産婦さんもいると思うので、同僚の女性保健師や助産師とも相談しながら、一人ひとりに合わせて寄り添ったサポートを心がけています。看護師の時は一対一や受け持ちの患者さんと接することが多かったですが、保健師の仕事は地域に住む多くの方と接することができるので、今までとは違った反応が返ってくるのも新鮮だなと感じています。

新型コロナウイルスによる業務内容の変化はありましたか?

増子 保健所の電話対応の応援に行くこともありますし、全ての活動において感染予防対策はベースになります。さらに、これからの時期は熱中症にも注意が必要になります。先日久しぶりに介護予防の体操教室を開催したのですが、マスクをしていると熱がこもりやすいですし、高齢者の方はそれに気づきにくい。水分補給を促したり、チラシを配ったり、分かりやすく伝えることのできるように工夫しながら行っています。教室を楽しみにされている方も多いので、出来る出来ないで判断するのではなく、充分な対策を講じた上で、可能な限りみなさんの要望にも応えていきたいです。

保健師を目指す子どもたちへメッセージをお願いします。

増子 保健師を目指すなら、お母さんや学校の先生が子どもを気にかけたり、見守ったりする視線を少し意識的に見て、その後の行動を真似してみると良いと思います。例えば、体調が悪そうな友達がいたら声をかける、悩んでいたら話を聞いてあげるなど、当たり前のことのように思えますが自然とそういった対応ができることは保健師として大事なことです。

介護予防教室の様子。

タオルなどを使い自宅でも簡単にできるストレッチを教えています。

お名前
郡山市富久山行政センター所属 増子 健二郎さん(ましこ けんじろう)さん
出身地
福島県郡山市
出身校 
福島県立医科大学 看護学部
休日の過ごし方
子どもと遊ぶ・ランニング
座右の銘 
不撓不屈

※この記事はaruku2020年8月号に掲載したものです。内容は取材時のものです。

連載