レジャー
福島市

第2回マジaruku前編『アンナガーデン』

マジarukuとは…女子力高めの独身OL、福島 歩子(ふくしま あるこ)が思い立ったときに思い立った場所をリアルにお散歩。その様子を、動画や写真を交えて紹介していきます。お散歩中に見つけた場所や風景、お店など、どんなところにスポットを当てるのかは、歩子(あるこ)の気分次第!ときには、素敵な人を見つけることも…?!

四季の景色とヨーロッパの街並みに癒される!福島市で人気のアンナガーデンで女子旅を満喫♪

季節はすっかり秋。今年の夏も素敵な出会いがなかったわ…なんてぼやきながら写真の整理をしていたら、この夏出かけた女子旅の写真を発見!そこで、今回はそんな夏の思い出をプレイバックしちゃいます。

161006_1
最初の目的地は福島市にある『アンナガーデン』。福島市の中心街から約10キロの便利な立地にありながら、吾妻連邦の豊かな自然とヨーロッパの街並みに非日常気分に浸れる福島市の人気スポットです。

ガーデン内には雑貨やファッション、ギャラリーやグルメなど20ものお店が♪高原にあるせいか真夏でも市街地より少し涼しくてまるで避暑地に遊びに来たみたい!それでは早速お店めぐりスタート!

161006_2
ガーデンに入ってすぐ、お店の前を彩るたくさんのグリーンに誘われて『ギャラリー ざくろ館』へ。

161006_3
店内には世界各国から集めた様々なアンティーク商品がところ狭しと並びます。家具、照明、布、ガラス、洋服、アクセサリー…。どれも一点物にこだわってると聞けば、限定商品にめっぽう弱い私のテンションは当然上がりっぱなし↑↑

161006_4
カラフルな色づかいも目を惹くスニーカーやサンダル。疲れにくい履き心地への工夫も徹底されていて、街あるきにも活躍してくれそう♡

161006_5
レトロな風合いのバッグもたくさん!県内ではここでしか手に入らないものも多いそうですよ。

161006_6
実は私、密かに人形好きなんです!気品あふれるたたずまいにどこかミステリアスな雰囲も漂っていて、思わず見入っちゃいました!

店名 ギャラリーざくろ館
TEL 024-593-1336
営業時間 9:00~18:00
定休日 不定休

161006_7
外に出て少し奥に下ると見えてくる姉妹店の『ざくろ館』。もちろんこちらもくまなくチェック!

161006_8
世界各国の商品が集まっている点は同じでも、こちらはリーズナブルなアイテムが多いのが嬉しいポイント。ファッションアイテムが充実しているのも印象的でした。

161006_10
161006_11
食器類も充実のラインナップ。洋の東西を問わずに様々な種類がそろっているので、友達といったん別行動。それぞれ店内で自分の好みに夢中になってお気に入りを探しちゃいました。

店名 ざくろ館
TEL 024-593-0839
営業時間 9:00~18:00
定休日 不定休

161006_12
161006_13
アンナガーデンの一番奥にある『せいざん』で、ちょっとブレイクタイム♪20種類以上のコーヒー豆の販売を行っているだけあって、そのおいしさは折り紙つき!緑に囲まれた抜群のロケーションも相まって、ほっこり気分も最高潮です!

161006_14
思わず写真を撮らずにはいられないマイナスイオンたっぷりの景色。紅葉の季節にはまた違った眺めに癒されるんだろうな…。

161006_16
ケーキセット(580円)を注文。カシスショコラはチョコの甘みとカシスの酸味のバランスが絶妙でした。他にもアップルパイやチーズケーキ、レモンケーキなどから選べるそうです。

161006_15
お店の脇からさらに下へ続く階段を降りると、お抹茶やぜんざいが楽しめる『茶処せいざん』の姿が!気分によって和洋どちらのティータイムが過ごせるなんて魅力的!

店名 コーヒーサロン せいざん
TEL 024-594-1180
営業時間 平日10:00~17:30(LO17:00)
土日祝10:00~18:30(LO18:00) ※11~3月 10:00~17:30(LO17:00)
定休日 休/4~10月 無休
11~3月 金曜

もっと長居してランチも楽しみたかったんですが、ぐっと我慢…。なぜなら今回の女子旅にはもうひとつの目的があったから。その模様は後編でお届けします♪

アンナガーデン

福島市荒井横塚3-183

連載