ライフスタイル
郡山駅前

郡山で婦人科病院のおすすめはどこ?遠方からもロマリンダクリニックに通う人が多い理由とは?

皆さんは婦人科の病気を患ったとき、どのように病院を選んでいますか?「家の近くにある病院」「口コミや評判が良いところ」など、いろいろな基準があるかと思いますが、正直どう選べばいいか分からないという方も多いのではないでしょうか?特に女性特有の病気を診てもらう婦人科に行くのには勇気がいりますよね。
そんな中、高い患者満足度と噂をされている婦人科のクリニックの一つとして挙げられるのが郡山市のロマリンダクリニック。
では、患者さんに支持されている理由はいったいどういうことなのでしょうか?

特にこんな婦人科の病気に悩む女性が通っている

・月経異常や子宮内膜症の病気で悩んでいる女性
・副作用や身体に負担なく、病気を治したいという女性
・婦人科治療のほか、がん治療でも手術を伴う治療はできれば避けたいと思う人
・しっかりと治療について話を聞いて納得できる治療がしたい人

ロマリンダクリニックが女性に支持される理由とは?

ロマリンダクリニックは病気の予防から心のケアーまでカバーする、女性のための総合クリニックとして1997年に開業しました。現在は婦人科・心療内科・アレルギー科に加えて、がん先端・統合医療も行っています。クリニックのモットーは“癒しの場”。一見すると病院とは思えない院内の落ち着きある空間にそれが伺えます。

170524_5

また、患者さんへの丁寧な説明もロマリンダクリニックが力を入れているところ。病院に行くってそれだけでも不安ですが、どんな治療が必要なのか分からなかったり、ましてや手術が必要といわれるとその不安は計り知れませんよね。医師から十分な説明を受けて納得してから治療に臨めるインフォームドコンセントの考え方が徹底しているのも安心材料です。

そして何より大きな特色が従来の治療だけにとらわれない「個別化医療」が受けられること。
そのために遠方から訪れる患者さんもたくさんいるそうです。

個別化医療ってどんな治療?

個別化医療とは病名が同じであったとしても、一人ひとりに合わせた治療法を選択するという考え方。例えば、標準治療にはない補完代替治療法と言われるものや、標準医療に勝るとも劣らないサプリメントの治療などがそれにあたるそうです。「でも、日常的に行われている標準治療で効果が出ているのなら、個別化医療に頼らなくてもいいのでは…?」そんな疑問についてロマリンダクリニックの富永院長は、「私が個別化医療の必要性を感じるきっかけは、いわゆる一般的な標準治療に副作用のリスクが伴うなど、必ずしも安全とは言えないことを知った経験からです。そうした場面を目の当たりにしたことから、それ以来注射や投薬にはかなり慎重に行っています。そして、標準治療に比べても遜色がなく、副作用もほとんどない“安全で患者満足度の高い”治療として辿り着いたのが、個別化医療だったのです」。

170524_0

個別化医療の確かな実績

実際にロマリンダクリニックの個別化医療が確かな実績がある点も心強い材料です。そこで、具体的な個別化医療の例をいくつかご紹介します。

170524_1

子宮内膜症・子宮腺筋症

月経痛や過多月経、難治性不妊の原因ともなるこの病気。近年、罹患率も増えてきている女性にとって身近な病気のひとつです。超低用量ピルによる治療が主流ですが、これによる副作用例も報告されているそうです。ロマリンダクリニックではリプロキュアというサプリメント療法で、副作用がないうえに有効な臨床データを得ているのだとか。

多のう性卵巣症候群(PCOS)

あまり耳慣れない病名ですが、実は婦人科系疾患の中でも患者数が多く、20~40代女性のうち5~10%で発症の可能性があるのだそう。この病気に有効と注目を集めているのがマイタケに含まれるグリスリンという成分。実際に投与することで改善効果が見られたそうです。

<グリスリンを実際に使用した患者さんの声>
[Aさん/43歳]
1ヵ月経たないうちに、排卵が正常に
パートナーがいて5年前に不妊治療をしましたが、結果が出ず「私は妊娠できないので、結婚できない」というコンプレックスを抱えていました。
ロマリンダクリニックを受診して初めてPCOSということが分かりました。グリスリンのサプリメント(OVU- -オビュ)を飲んで1ヶ月経たないうちに排卵が起こり、その後もほぼ毎月正常な形で排卵が続いています。
これまでのトラウマからも解放され、パートナーとも入籍することができました。私にとってグリスリンは体調を改善できただけでなく、人生観を変えるものになりました。

[Bさん/27歳]
漢方薬との併用で生理も冷え性も改善
私は初潮の頃から生理不順に悩み、ひどい冷え性もありました。最初は漢方薬の服用を6ヵ月間続けましたが、まったく効果が見られず…。その後、グリスリン(OVU- -オビュ)を併用したみたところ、3ヵ月くらいで排卵が起こるように!時々2周期に1回になることもありますが、ほぼ毎月排卵が起こるようになりました。

[Cさん/39歳]
2年ぶりの生理、ひどいニキビも治った!
2年間はっきりした生理がなかったのですが、グリスリン(OVU- -オビュ)を飲み始めて1ヵ月くらいで生理が来るようになり、その後、3ヵ月に1回は排卵するようになりました。
私は生理不順のほかにニキビもひどく、「生理不順による代謝異常が原因ではないか」と、皮膚科の先生に紹介されたのが来院のきっかけでした。生理不順だけでなく、ニキビも治り本当に感謝しています。

がん治療

がんの治療にも個別化医療が活躍しているそうです。それが高濃度ビタミンCの点滴によって、免疫力を向上させるというもの。抗がん剤などと異なり副作用がないため、併用することでがんが縮小しやすくなると言われています。

170524_3

自分にあった治療法を探すことが大切

個別化医療が私たち患者に寄り添った治療だということを実感するとともに、標準治療にそのようなリスクがあることを初めて知りました。医師に委ねるだけでなく私たち一人ひとりがそうした治療法があることを知っておくことが大切ではないでしょうか?もちろん病気にならないことが一番ですが、自分に合った治療法を探してくれるロマリンダクリニックは、いざという時に本当に頼りになるクリニックだと思います。

SHOP INFO

ロマリンダクリニック

Googleマップ

郡山市駅前2丁目11番1号ビッグアイパーキングビル1F

    人にはなかなか聞けないお悩みに先生が答えます
    記事はこちらから↓
    女性のための医療コラム

    連載