子育て
二本松市

子育てするなら二本松! 遊びに出かけて住み心地の良さを体感してみて♪

2017夏_最優秀賞_安達太良髙原の夏空

福島県の中央北部に位置する二本松市は、二本松藩・丹羽十万石の城下町としての風情を今に伝え、豊かな自然と四季折々の美しさで魅了します。日本最大級の菊人形展「二本松の菊人形」や「二本松の提灯祭り」、「木幡の幡祭り」などを受け継ぐ歴史深い街としても知られ、詩集『智恵子抄』で謳われた“ほんとの空”で知られる名峰・安達太良山や南北に流れる阿武隈川、安達太良高原に広がる自然の豊かさにも心が癒されます。また、全国的にも珍しい酸性泉が人気の「岳温泉」をはじめ、日本酒や和菓子など、城下町ならではの楽しみもいっぱい。ゆっくり歩いてみると、新しい発見や感動に出会えるはず♪

scene1
実はいま、二本松市は子育て世代にとても注目されています!

二本松市では、子どもたちにふるさとの原風景を伝えながら、人と人、自然と人が触れ合う、“やさしくて暮らしやすい”ふるさとづくりを進めています。テーマは、「mama(ママ)になるなら、にほんまつ」。ずっと安心して暮らせるまちとして、プレママ(妊婦さん)、子育て中のママ、お子さん、未来ある若者を本気で応援してくれています。では、どんな風に応援してくれるのか?どんな風に暮らしやすいのか?ここで、ポイントとなる4つを紹介します。

①妊婦さんを応援します!

赤ちゃんの誕生を待ちわびる妊婦さんが安心して妊娠・出産できるような環境を整えています。
Inked1_LI

たとえば、こんなことも♪

●「mamaになるならにほんまつ。子育て支援アプリ」がスタート!
子育てに役立つ情報がひとつにまとまった便利なアプリが人気上昇中♪妊婦記録や予防接種の記録をはじめ、お子さんの成長記録にも活用できます。
くわしくはコチラをチェック!
●出産時における交通費全額助成
●妊婦健康診査・産後健診・妊婦歯科検診助成 など

②子育てを応援します!

子育て環境が整っていることが、大切な育児のポイント。二本松市では、初めてママになる方にも、働いているママにも、あたたかいサポートをしています。市内6ヵ所の「子育て支援センター」では、育児相談や各種イベントを開催しています。
Inked2_LI

イベントスケジュールはこちらから!

子育て支援センター 詳しくはこちら!

たとえば、こんなことも♪

●「保育料」は、第2子以降は無料!(所得要件あり)
●18歳まで、「医療費」無料!
●出産祝金の支給
●ファミリーサポートセンター事業(預かり保育や子どもの送迎など)
●保育サービスの充実(延長保育や一時的な保育など)
●予防接種費用の助成

2
にほんまつ保育園で、楽しく遊ぶ子どもたち

③子どもたちの遊びと学びを応援します!

子どもの頃に学んだことは一生の財産になります。保育所や幼稚園で学んだこと、小学校や中学校で学んだことや経験したことは、子どもたちの人生を支える大きな柱となります。二本松市では、ともに学び高め合い、心身ともに健やかな成長ができる学校教育の充実に向けて各種事業を実施しています。
Inked3_LI

たとえば、こんなことも♪

●保育所・認定こども園・幼稚園・小学校・中学校の施設環境整備(冷暖房完備、小・中学校のトイレ洋式化など)
●小・中学校の教材費等の助成
●外国人英語講師による授業
●その他の学びの応援(スキー教室、天体観測学習授業など)
●海外留学に奨学金を支給(イェール大学・ダートマス大学へ留学の場合)
●学童保育所の開設(市内16ヵ所で実施中)

3
給食大好き!ふるさとの味“いか人参”も最高!(二本松市立小浜小学校)

④若者を応援します!

もっとたくさんの若い世代に二本松市に住んでもらいたいと願いを込めて、若い世代の負担を少しでも軽減できるようにしています。結婚を考えている方や新婚さん、ふるさと二本松へのUターンを考えている方を応援します!気軽にご相談ください。
4

たとえば、こんなことも♪

●市内に住宅を新築・購入する世帯へ奨励金支給!
39歳以下の世帯へ72万円支給。40歳以上で市外から転入した世帯へ50万円支給。(市内業者建設等の要件あり)
●三世代同居住宅の改修助成金の支給
●新婚世帯家賃助成金の支給(最大12万円助成)
●結婚新生活支援事業補助金の支給
●結婚お世話役が結婚までの活動をサポートします!
詳しくはこちらをチェック

お問い合わせはこちら

SHOP INFO

二本松市役所子育て支援課 子ども家庭係

Googleマップ

二本松市金色403番地1

    妊婦さん、子育て中のママ、お子さん、若者たち、新婚さん、結婚を考えている方へ
    「mamaになるならにほんまつ」をもっと見る!

    大人も子どもも、みんな笑顔でHAPPY!
    親子で楽しめる話題のスポットが満載

    二本松市には、市外から遊びに来るファミリーがとても多いってご存じですか?
    市内はもちろん、市外の方も無料で遊べる「げんきキッズパークにほんまつ」や2017年3月のオープン以来、人気上昇中の「二本松しんきん城山プール」をはじめ、霞ヶ城公園、安達太良山、あだたら高原スキー場、あだたら渓谷自然遊歩道、東北サファリパーク、智恵子の生家・智恵子記念館など、大人も子どもも楽しめるスポットがいろいろ。一年中楽しめる高原リゾートとしても人気を集め、aruku世代にもおすすめ!
    さあ、自然を満喫しながら、お気に入りの場所を見つけてみましょう。

    arukuおすすめの親子お出かけスポット①

    走って、回って、登って、跳んで!
    元気いっぱい、思いっきり遊んじゃおう!

    げんきキッズパークにほんまつ

    4
    5

    人気の親子お出かけスポットといえば、「安達ヶ原ふるさと村」の屋内遊び場、『げんきキッズパークにほんまつ』。子どもたちに大人気のボールプールやエアトラック、サイバーホィールなどの大型遊具をはじめ、クライミングウォール、砂場、サーキットなど、いろいろ楽しめます。ベビーコーナーでは、6ヵ月から18ヵ月までの子どもがのんびりゆったり遊べるスペースもあります。授乳室やおむつ交換台も完備しているので安心ですよ!

    SHOP INFO

    げんきキッズパークにほんまつ

    Googleマップ

    二本松市安達ヶ原四丁目100番地

      利用時間/1回目9:30~11:50、2回目13:00~14:50、3回目15:10~17:00
      対象年齢/生後6ヵ月~12歳 ※子ども3名につき、大人1名以上の同伴をお願いします。
      休館日/なし
      入場料/無料
      ※わんぱくルームの遊具は6歳以上が対象となります。

      arukuおすすめの親子お出かけスポット②

      本格的なウォータースライダーに大興奮!
      大人も子どももプール遊びを楽しもう♪

      二本松しんきん城山プール

      6

      二本松のニュースポットといえば、2017年に開館した『二本松しんきん城山プール』。市民プールとしてリーズナブルに利用できる親しみやすさに加え、本格的な設備が完備されているのも大きな魅力です。中でもウォータースライダー(身長120cm~利用可)は全長約32mという本格派!ほかにも、水深100cmの親水プール(流れるプール)で水遊びを楽しんだり、25mプールで泳ぎの練習をすることができます。もちろん、市外の方も利用できるので、親子でプール遊びを楽しんで!

      SHOP INFO

      二本松しんきん城山プール

      Googleマップ

      二本松市郭内四丁目170番地

        開館時間/9:00~21:00(最終入場20:00、退水20:45)
        休館日/第1月曜(祝日の場合翌日)
        入場料/大人500円、60歳以上400円、高校生300円、小・中学生200円、未就学児無料

        scene2
        「ママになるなら、にほんまつ」体験エピソード

        子育てにやさしいふるさとづくりを進める二本松市では、転入してこられるご家族が増えています。注目は、ライフスタイルの変化と楽しみ方。暮らしやすさも重要なポイントです。自然に恵まれて、子育て環境としては申し分のない二本松ですが、実際に転入されて暮らし始めたママに、経験者として二本松市の生活や魅力、これからのことをお聞きしました。

        子どもといっしょに、二本松の楽しい生活を満喫しています。

        二本松市 A・Y様(30代ママ)
        ご家族構成/8人家族(3世帯同居・曽祖父母、祖父母、父、母、長女、次女)

        地域のつながりが強く、サポートしてくれるので助かっています!

        二本松市に転入されたのはいつですか?
        埼玉県に住んでいましたが、平成28年3月30日に二本松市に引っ越しました。

        転入されたきっかけは?
        夫と結婚した時から、将来的には夫のふるさとである二本松市に住むことは決めていました。子どもが2人産まれて、今後2人が就学することを考えて話し合った結果、このタイミングでの引っ越しになりました。

        住み心地はいかがですか?
        引っ越ししてきたばかりの時は、埼玉県との住み心地の比較をしていたので、良い部分だけでなく悪い部分も感じていました。最寄りのコンビニまでは徒歩で行けませんからね(笑)。ただ、二本松市にずっと住んでみて純粋にここでの暮らしを考えた時に、地域のつながりが強く、サポートしてくれる方がたくさんいるのですごく助かっています。ほんとに緑が豊かで、綺麗な景色もいたるところで見ることができ、とても気に入っています。

        こんなにきれいな星空は見たことがない!子どもの遊び場に困らないのもうれしいです。

        暮らしやすいところや良かったところは?
        子どもを遊ばせる場所にはほんとに困らないですね!安達ヶ原ふるさと村にある屋内遊び場「げんきキッズパークにほんまつ」は年中無休で無料で利用できるので、よく子どもを連れて遊びにいきます。広い公園の一部にある遊び場なので、天気のいい日はその公園でも遊べますし、そこから新幹線が通るのも見えるので、子どもたちもお気に入りです。また、最近完成した屋内プールには、25mプールの他にウォータースライダーや流れるプールも完備されているので、ここも子どもを連れて利用します。
        ほかに良かったと思うことは、たくさんの星がとてもきれいに見えること!以前、住んでいたところではこんなにもきれいな星空は見たことがなかったので、初めて見た時は、私も子どもも感動してしまいました。

        続きはコチラへ!!
        「ママになるなら、にほんまつ」体験エピソード

        scene3
        のんびりと、春夏秋冬楽しめる「二本松トリップ」

        城下町の面影を今に伝える二本松市は、春は桜が街中をピンクに染めて、夏は高原の爽やかな風に吹かれ、秋は美しい紅葉や菊人形が魅了し、冬は美しい空気と幻想的な雪景色に目を奪われます。地元で愛されるかわいい和菓子屋さんやカフェ、おいしいお米と清冽な水で作る日本酒も大人気。リピート必至の二本松グルメがいっぱい。家族やカップルにおすすめは、あだたら高原ドライブ。お花の名所や高原の人気店、温泉など、見どころや楽しみがいろいろ。カメラを片手に遊びに出かけましょう!

        春は、桜の名所と和菓子屋さんめぐりでほっこり♪

        7
        合戦場のしだれ桜。桜と菜の花、青空のコントラストが美しい

        8
        春には桜が咲き誇る岳温泉の鏡ヶ池

        城下町の風情を楽しみながら二本松市の中心部を歩いていると、お菓子屋さんが多く見られます。将軍家にも献上されていたともいわれる羊羹をはじめ、素朴な甘さがくせになる最中やカリッと揚げた絶品のカリントウまんじゅうなど、地元が誇る銘菓はどれもみな絶品!お土産選びも楽しい時間です。市内には桜の名所も多く、霞ヶ城公園、合戦場のしだれ桜、岳温泉の鏡ヶ池、中島の地蔵桜のほか、そこかしこで個性豊かな桜の風景を楽しめます♪

        夏は、安達太良登山や高原ドライブで自然を満喫!

        9
        安達太良山の山頂の岩場。山頂からの美しい眺めに感動!

        10
        動物たちとのふれあいが楽しい東北サファリパーク

        二本松市を見守る安達太良山は、初夏はシャクナゲ、秋は紅葉が美しく山を彩り、たくさんの登山客でにぎわいます。山頂往復は初心者でもOKの片道約1時間30分のコースで、薬師岳パノラマパークから高山植物を眺めながら登ると、標高1,700mの山頂に到着。磐梯山や吾妻連峰などを見渡せる絶景に感動すること間違いなし!ファミリーやカップルにおすすめのスポットは、「東北サファリパーク」。ライオンやキリンなど、約1100頭羽もの動物が暮らす“野生の王国”では、車で移動しながら動物を観察したり、草食動物たちには窓からエサをあげたりすることもできます。植物や動物とふれあいながら、高原ドライブを楽しんでみては。

        秋は、菊人形と提灯祭りに心が躍る!

        11
        日本最大級の菊の祭典「二本松の菊人形」(霞ヶ城公園、10月10日~11月25日予定)

        12
        「二本松の提灯祭り」(二本松市街地、10月4日~6日)

        二本松市の秋の風物詩といえば、菊人形と提灯祭り。「二本松の菊人形」は、全国でも有数の規模を誇る菊の祭典で、1本の茎から千もの花を咲かせる千輪咲をはじめ、伝統の技が必見!350年余りの伝統を誇る日本三大提灯祭りの一つ「二本松の提灯祭り」は、宵祭りでは二本松神社の御神火で提灯に火が灯され、1台に300余りの提灯をつけた7台の太鼓台が情緒豊かな祭囃子に合わせて街を練り歩くさまは壮麗で圧巻です。
        城下町で受け継がれる歴史と伝統の祭りを体感してみてください。本物の迫力はスゴイ!

        冬は、美肌の湯「岳温泉」に癒され、雪景色や伝統の祭りを楽しむ

        13
        国の重要無形民俗文化財に指定されている「木幡の幡祭り」(12月第1日曜)

        14
        霞ヶ城公園・箕輪門の雪景色

        あだたら高原「岳温泉(だけおんせん)」は、全国的に珍しい酸性泉。約8km離れた鉄山南麓に湧いている天然の湯が各温泉宿に引き湯されており、その間にお湯が揉まれて一層肌にやさしい温泉と評判です。日帰り入浴もあるので、散策の途中に立ち寄れば、温泉で心身が癒されます。また、師走の風物詩となっているのが、「木幡の幡祭り」。源義家による奥州攻めに由来する伝統の祭事で約950年の歴史を誇ります。ほら貝の音の中、源氏の「白旗」を先頭に五反旗をなびかせながら、隠津島神社本殿を目指し練り歩く勇壮なお祭りです。

        SHOP INFO

        二本松市役所子育て支援課 子ども家庭係

        Googleマップ

        二本松市金色403番地1

          幼稚園資料請求

          連載