子育て
石川町

公立校とはここが違う!「石川義塾中学校」の中高一貫課程の7つの魅力

近年、首都圏で私立中学の受験者が増加傾向にあるそうです。福島県ではまだまだ中学から私立の学校に進む生徒は少数派ですが、「みんなが公立に進むから…」「中学受験は早過ぎない?」ではなく、将来を見据えた進路選びを今から考えておきたいところ。なぜなら、高校卒業後に大学進学を目指す際には全国から受験者が集まるから。当然、全国レベルの学力が求められます。実際、福島県の子どもたちの学力は長年、全国平均を下回っており、大きな課題と言われています。

そんな中、「遠方からでも通わせたい」と注目を集めているのが石川義塾中学校です。実際に中高一貫過程創設後、わずか5期の卒業生の中から京都大学や東北大学、医歯薬系大学や難関大学への合格者を次々と輩出しています。石川義塾の躍進を支える、独自の教育プログラムの魅力を紹介します。

魅力1
ここでしか受けられない最新の学び


公立校と比べて多様性のある教育が受けられる石川義塾中学校。特に、2020年から始まる大学入試改革に向けて、ますます重要視されている英語教育には県内唯一のプログラムを率先して導入しています。その筆頭がオンラインスピーキング。週に1回英語教育の資格を有する外国人講師と1対1の英会話授業を生徒一人ひとりがタブレットを使ってオンラインで行っています。「聞く力、話す力」といった英語でのコミュニケーション能力を養い、英語力を伸ばすことで英検やGTEC(スコア型英語4技能検定)などの資格取得にも役立ちます。

魅力2
将来を見据えた先取りカリキュラム


中学生の頃から大学受験を見据えたカリキュラムを組めるのも中高一貫校の強み。実際に、石川義塾の中学校3年間の授業時間は中学校指導領域標準時間の1.5倍にも及ぶそうです。時間にすると5教科合計で+910時間にものぼり、特に数学と英語の授業を多く学ぶことができます。
また、高校に入ると2年生の時点ですでに3年生の授業を終えるそう。公立校より1年進んだ内容を学べるだけでなく、最後の1年間を受験対策に専念できるのも大学受験に向けた大きなメリットです。

中学3年間の授業時間数

新指導要綱の標準時間 石川義塾中学校の授業時間
国語 385時間 525時間 +140時間
数学 385時間 665時間 +280時間
英語 420時間 700時間 +280時間
理科 385時間 525時間 +140時間
社会 350時間 420時間 +70時間

魅力3
質も充実の学習力向上プログラム


単に学習時間が多いだけでなく石川義塾のカリキュラムは質も充実。例えば英語の授業はネイティブ・スピーカーの先生と日本人の英語教師の2人体制で行います。また、習熟度に合わせたきめ細やかな指導が行えるのも大きな特色。「レベルアップを求める生徒」と「つまずきを克服したい生徒」など一人ひとりの目標に寄り添った指導を受けられます。

魅力4
少人数ならではの充実した学校生活


石川義塾中学校は公立中学校の定員よりも5名少ない1クラス25名。先生方が生徒一人ひとりに対し、常に目配り・心配りができるよう配慮されています。しかも6年間を同じクラスメイトと過ごすことで、「クラス全員の絆が深まる」「高い目標を持った友人と切磋琢磨できる」「生徒の個性や長所を先生も細かく把握できる」などのメリットが生まれます。

魅力5
国際感覚を養うグローバル人材の育成


石川義塾の目標のひとつが世界に通用する人材の育成。先ほど紹介した公立校にはない英語授業の他に、2.3年次の英語スピーチコンテストや国際交流会など様々なプログラムが用意されています。極めつけは高校2年次に希望者が参加できるカナダへの語学研修。10日間のホームステイと現地のハイスクール通学は国際感覚と英語力が磨かれるだけでなく、子どもたちにとってもかけがえのない思い出となっています。

魅力6
勉強だけじゃない!文武両道の部活動


学習面だけでなく部活動にも石川義塾ならではの特色が。それが、原則週3日という限られた時間の中で活動すること。6年間通して指導が受けられる点やレベルの高い高校生と一緒に活動することで、効率的な練習を行うことができ各種大会でも優れた実績を残しています。

魅力7
ワンランク上を目指せる特別授業と進路指導


将来、高い目標を持つ生徒たちに対し、惜しみのないバックアップ体制が整っているのも心強いポイント。土曜日9:00~16:10に年間28回、日本各地の予備校で受験指導している先生方を招いて受験対策授業を受けられる他、進研模試の優秀者には週1回、インターネットで現役東大生による個別授業が受けられます。さらに一流講師のネット授業が自宅でも学校でも受けられるスタディサプリや名物講師による特別講演など、その充実度は石川義塾でないと受けることはできません。

石川義塾中学校中高一貫過程の主な合格実績

<国公立大学>
・京都大学(薬学部)
・東北大学(医学部、法学部)
・北海道大学(理系)
・筑波大学(医学郡、人文・文化学群、理工学群、人間学群)
・福島県立医科大学(医学科)
・新潟大学(工学部)
・埼玉大学(理学部)
他多数

<準大学>
・防衛医科大学校(看護学科)
・防衛大学校(人文専攻)

<私立大学>
・自治医科大学(医学科)
・慶応義塾大学(薬学部、看護医療学部)
・上智大学(総合人間学部、看護学部)
・東京理科大学(理工学部、薬学部) 他多数

体験入学・説明会で石川義塾中学校の魅力を実際に体感してみよう!↓
「学校法人石川高等学校・石川義塾中学校」説明会日程

こちらの記事もチェック↓
優れた進学実績だけじゃない!次世代のリーダーを育てる石川義塾中学校の独自プログラム、『7つの習慣J®』がスゴイ!

SHOP INFO

石川義塾中学校(中高一貫過程)

Googleマップ

石川郡石川町字大室502番地

    連載