究極の一枚板展

このイベントは終了しました。

img_6292naka

究極の一枚板展

自然の恵み、造形美をそのまま切り取った究極の本物、一枚板。
樹齢300~400年の大木は、製材、乾燥、仕上げの工程を経て一枚一枚丁寧に仕上げることで、暮らしに寄り添うテーブルの天板となります。
土中に埋没し、千年以上の時を過ごしてきた「神代木」、屋久島にしか生息しない樹齢千年を超える「屋久杉」など、ここでしか見ることのできない希少な樹種が多数揃っています。
昔から日本では、長く生きた木には精霊や神様が宿ると考えてきました。御神木として祈る対象となったり、住居の中で一番立派な柱を大黒柱として、家や家族を守ってくれる象徴としたり。きっと、一枚板としてテーブルに姿を変えた樹木にも土地や家、家族を守ってくれるものとしての役割があるのかもしれません。
8月11日からの展示会場では、そんな自然の造形美が美しい一枚板が25点以上展示・販売されます。樹種、サイズ等も様々で、非常に見応えのある内容となっております。お盆期間(14,15,16日)も休まず営業いたします。
また、8月19日(日)には、天然植物オイルを使用して、木製品のメンテナンス方法を学ぶ「オイルメンテナンス講習会」も開催いたします。もののお手入れ方法を学ぶことで、愛着を持って長くご使用いただく感性を育みます。

お申込みはお電話またはメールでお受けしております。

日時/2018年8月11日(土)~8月26日(日)10:00~17:00
会場/Roots Shop(福島県耶麻郡猪苗代町字清水前2748-1 Roots猪苗代2F)
入場料/無料
駐車場/約20台
申込み・お問合せ/TEL 0120-91-3969
メール rootsinawashiro@gmail.com
(家づくりと暮らしの学校 Roots猪苗代)

連載