グルメ
郡山市

郡山市で大人気の定食屋「お食事処あしび」の人気メニューTOP10は?

サラリーマンや学生はもちろん、女性だってがっつり定食メニューを食べたい時ってありますよね。そこでオススメなのが郡山市八山田にある「あしび」。連日多くのお客さんが足を運び、なかには開店前から並ぶ常連さんもいるほど。多くの人を虜にしてやまない理由と、あしびの人気メニューをarukuが調査してきました!

なんといっても大満足のボリューム!

名物であるしょうが焼きをはじめ、あしびの料理で驚かされるのがお肉の厚み!薄切りの豚肉を使うことの多い生姜焼きも、なんと一枚肉を豪快にそのまま焼いています。「学生やサラリーマンが、お金も時間も制約がある中でお腹いっぱい食べてもらいたくて」と話す女将が始めたもう一つの名物が、日本昔話に出てくるまんが飯のような大盛ごはん。コスパ最強のメニューに脱帽です。

豚カツは添えられたレモンと同じくらいの厚み。重くて箸で持ち上げるのにも一苦労。

大盛りごはんはお碗にみっちりよそった器を二つ合わせて作る合体スタイル、その量なんと2,5号分!

こだわりの食材と、シンプルで家庭的な味わい

お肉は全て国産のものを使い、その日に使う分は当日の朝に仕入れるからとにかく新鮮!お米は福島県産コシヒカリを使用し、料理に使うタレも市販のものは一切使わず一から手作り。家庭にもあるようなシンプルな調味料だけを使って作られるタレは、誰もがどこかで食べたことがあるようなほっとする味わいです。

新鮮でそのままでも充分柔らかいお肉も、一枚一枚丁寧に筋切り。

あしびの美味しさの秘密がわかってきたところで気になるのが、どのメニューが人気なのか。arukuスタッフをはじめ、多くのお客さんのお腹と心を満たしてくれる「あしび」の人気メニューTOP10をランキング形式で大発表しちゃいます!

第10位 あおさ入りらーめん 700円


鶏ガラをベースに魚介など9種類もの素材を使ったバランス系と呼ばれるスープと、味の決め手になるタレも一から手作り。特注の中太ちぢれ麺もスープによく絡まります。

第9位 ビーフステーキ定食 1,280円


ガーリックペッパーソースがたっぷりとかかったビーフステーキは、定食屋にいることを忘れてしまいそうなほど。ガツンとした刺激とボリュームが癖になります。

第8位 ロース豚カツ定食 1,060円


しっとりと柔らかく、しっかりと豚肉の旨味を感じられる豚カツはなんと厚さ3㎝!ソースとポン酢の2種類のタレで味変しながら頂くことができるのも嬉しいポイント。

第7位 ハムカツ定食 920円


従来のハムカツの常識を覆す、なんと2㎝もあるこの厚さ!運ばれてきたハムカツを見て思わず、「豚カツじゃないですよね?」とお客さんから聞かれることも(笑)。1週間~10日程かけて熟成されるハムは弾力も旨味も段違い!

第6位 鶏白湯らーめん 750円


男女問わずリピーターも多い鶏白湯ラーメンは、とろっとろの濃厚なスープは6時間もの間休むことなく火を入れ続け、鶏ガラは砕いて骨の髄から旨味を引き出しコラーゲンもたっぷり!フライドオニオンと柔らかい穂先メンマが良いアクセントに。

第5位 日替わり定食 850円


毎日変わる日替わりメニューは、天候や気温を見極め、その日の朝に決めているそう。時にはパスタなど定食屋では珍しい料理も登場するのでチェックは欠かせません。

第4位 スタミナ焼肉定食 990円


大きな豚の一枚肉と合わせるタレは、にんにくが入ったスタミナ満点の特製ダレ。女将の黄金比率によってつくられた特製のタレは後引く美味しさです。

第3位 唐揚げ定食 850円


老若男女問わず人気の唐揚げは、拳一つ分ほどの大きさのお肉がなんと7つも!一度に12kgもの鶏肉をタレに漬け込んでおいてもあっという間になくなってしまうというから、早めに行くのがおすすめ♪竜田揚げ風の唐揚げは、時間が経ってもサックサクで持ち帰りも大好評です。

第2位 ガーリックポークソテー 990円


リブロースを使ったポークソテーに合わせるのは、特製のにんにく醤油をベースにしたタレとバター。しっかりした豚肉の旨味と濃厚なタレが絡み、ごはんが進みます。

第1位 元祖!しょうが焼き定食 990円


堂々の第1位はあしびの代名詞ともいえる看板メニューのしょうが焼き。辛味や香りだけが突出することなく、たっぷりと使っても辛すぎないしょうがは、試食を重ねに重ねやっとのことでたどり着いたものを使い、味付けにはもちろん、料理にそのまま添えても全体のバランスを崩さず美味しく頂けます。

どのメニューもこだわりが詰まった逸品ばかり。家庭で調理すると硬くなってしまいがちなお肉ですが、あしびのお肉はどれも分厚いのにとっても柔らかくてジューシー!その秘密は女将の腕にありました。

お肉の加熱にはとことんうるさく

「注文が入ってから調理しています。出来立てを最高の状態で味わってほしいので」と女将。食材の旨味を最大限に引き出すため、お肉の加熱には一分一秒うるさいのが女将流なんだそう。同じ調理に使うお肉も、ひとつひとつ大きさを瞬時に見極め、加熱時間を変えるという徹底ぶり。このちょっとしたひと手間が美味しさを生む秘訣なんですね。

お肉のちょっとした変化も見逃さず、一番美味しく頂ける状態で提供しています。

あしびを束ねるのは絶対的味覚を持った女将

昔から人に振る舞う料理が大絶賛されていた女将。一度料理を食べるとどんなものが使われているか検討がつくというから驚きです!女将と名乗る理由は「お店の長と書いて店長。私は偉いわけではなく、責任があるだけ。皆がいたからここまでやってこれたんです」と、まるで母のようなまなざしに、あしびの料理が多くの人に愛される理由がわかりました。

日替わりメニュー以外も随時入れ替え、飽きさせないよう工夫を凝らしているあしび。新メニューを開発するときは、お肉の仕入れ先とも相談し、いくつもの部位を試しながら一番美味しい物を選んでいるそう。「郡山で一番の定食屋にしたい!」という熱い想いと、「手を抜かない、気を抜かない」をモットーに、料理に真摯に向き合い何事にも全力投球の女将が作る、ここでしか食べられないメニューをぜひ味わってみて。

※価格は全て税別です。

SHOP INFO

お食事処あしび

Googleマップ

福島県郡山市八山田5-13

    営/11:00~14:00、18:00~Lo.20:30
    休/水曜
    P/あり(共同)

    連載