5年の歩みを振り返る―

楽しいこと、大変だったこと、いろいろあったarukuの5年間―
年表で振り返るとともに、印象に残ったエピソードを紹介します。

 

特集記事を見るには画像をクリック♪

 

\皆さんのおかげでこんなに成長できました。/
創刊号と最新号を比較!
創刊当初と今を比べてみるとページ数も発行部数も大きくボリュームアップ!これからのarukuにもご期待ください。

創刊号と最新号を比較
年数
ページ数
発行部数
発行エリア
設置ヶ所
制作スタッフ数
1年目
44P
60,000部
郡山市内
950ヶ所
約10名
5年目
88P
99,000部
福島県内全域
3,000ヶ所
約30名

 

  創刊当時からいるarukuスタッフも5年でこんなに変わりました(笑)

aruku年表 *青文字部分はクリックで詳細がみれます♪
2008年
12月号
創刊
2009年
2月号
幻の人気コーナー、みわちゃんのお昼ごはん掲載
4月号
  • 占いコーナー初登場!
  • 那須企画初登場
6月号
自然体験教室開催。
7月
現郡山市市長の品川さんの連載コラム「萬の風」がスタートしたのはこの号から。
9月
現在も連載中の人気コーナー「 夢名鑑 」がスタート!
これまで紹介した職業は50以上!
10月
arukuおなじみ 住宅バスツアー の第1回がこの月開催。
11月
クーポンを超えたクーポン、“超クーポン”が話題になったのはこの頃。
12月
住宅バスツアー と並ぶ人気の ブライダルバスツアー を初開催。
2010年
2月号
クーポンよりもお得感のあるメニューや
商品が当たるスピードくじが注目を集めました。
3月
  • 第1回 arukuフェスティバル 開催(郡山オペラクラブ)。
  • 子供たちに人気のイベント、夢発見ツアーも同じ月で開催。
5月
おサイフに入れておくだけで何度も使える。今ではおなじみの 共通パスポート
初登場したのは、意外にも創刊から1年半が経ってから。
7月
毎月恒例のグルメ企画、「 たべあるく 」がスタート!
8月
  • 美に関する悩みを解決するコーナー「美容の門」がスタート。
    ナビゲーターの美髪麗子も人気キャラとなりました。
  • 住宅メーカーに家づくりのプランを考えてもらう企画、
    お家プランプレゼント 」スタート。
9月
表紙でおなじみのありさちゃんがarukuの誌面にはじめて出てくれたのがこの号。
11月
arukuの 配布エリア が郡山から県内全域に拡大!
2011年
3月号
東日本大震災。制作中だった4月号の発行を断念せざるを得ませんでしたが、
“福島を元気にしたい!”の思いで、当時の誌面づくりを進めました。
4.5月
1ヶ月遅れで4.5月合併号を発行。
6月
第2回 arukuフェスティバル 開催(ユラックス熱海)。
8月
「夢発見ツアーin TOKYO」
震災のため開催できなかった春の開催を延期し、夏休みに実施しました。
10月
ピンクリボン運動の啓蒙企画を掲載。
12月
aruku教育セミナー開催
2012年
1月号
arukuの フェイスブック がスタート。
3月
  • 住宅コーナーのナビゲーターとして二階建築郎が初登場。
  • 本田よう一さんの「ぱぱっとCookingeごはん」連載開始。
5月
ありさちゃんが表紙に初登場。以来、今月号まで15回表紙を飾ってくれています。
6月
第3回 arukuフェスティバル開催 (ビッグパレット)
7月
aruku事務所移転。
10月
はじめて郡山以外の街あるきを取り上げた「 会津七日町通り特集 」を掲載。
以降、街あるき特集はarukuきっての人気ページに。
12月
「萬の風」最終回。
2013年
2月号
お惣菜開発プロジェクト スタート。
3月
たべあるくにコバゴン初登場。
4月
「福島市の街あるき特集」を掲載。この頃から県北の情報も増えるように。
6月
第4回 arukuフェスティバル 開催(ビッグパレット)。
8月
みきてぃさんの「メイド・イン・キッチン」連載開始。
10月
Web Magazine ARUKUがスタート。
2014年
1月号
創刊5周年