福島市

「羽生結弦展 共に、前へ」東日本大震災 あの日、そして今

2011年3月11日、当時16歳だった羽生結弦選手は宮城県仙台市で震災にあいました。展覧会では、写真パネルや大会で着用した衣装も展示。羽生選手自身の避難所での経験、そして、被災地で出会った人々の「あの日」と「今」を伝えます。オリジナルグッズの販売も行います。

【展示内容】
・写真パネル 約80点
・大会で着用した衣装 3点

【物販】
オリジナルグッズ 約26点
クリアファイル・巾着・シュシュ・扇子など 

日時/2021年11月6日(土)~23日(火・祝)10:00~17:00
会場/エスパル福島5Fネクストホール(福島県福島市栄町1-1)
入場料/無料
お問合せ/024-923-1100(福島中央テレビ事業推進部)
HP/https://www.tomonimaee.jp/

連載