グルメ
二本松市福島市

苺・イチゴ・いちご!いちごづくしのいちごスイーツ5選(福島市・二本松市) 

定番から個性派まで勢揃いのお家で楽しむ「いちご×●●」メニューをご紹介します!

レパコガーデン本店(福島市)

いちご×ショートケーキ


スフレア 626円(税込) ※期間限定
黄身が強いふんわりスフレとフランス産クリームチーズを使った濃厚レアチーズに、あっさり目の生クリームを合わせた「スフレア」。酸味と甘みのバランスに優れたとちおとめが味も見た目も引き締めていて、大きめサイズでもぺろりといけちゃいます。脇に飾ってあっても、いちごがいい仕事をしています。

こちらの記事もチェック↓
まるでケーキの宝石箱!スイーツ好きに選ばれる「レパコ」は手土産・記念日・お祝い・自分へのご褒美におすすめ!

SHOP INFO

レパコガーデン本店

Googleマップ

福島市下鳥渡八幡塚2-3

    営/イートイン11:00~19:00(Lo.18:00)
    テイクアウト10:00~19:00
    休/無休
    P/あり

    Pâttisserie Bell【パティスリー ベル】(福島市)

    いちご×ショートケーキ


    季節のフルーツカップ 432円(税込) ※期間限定
    カップ仕立てにすることでふわふわのスポンジを活かした新感覚のショートケーキ。生クリームもゆるめに泡立ててあって、とろけるようなエアリー食感が楽しめます。いちごの甘さや酸味を消さないよう、甘さは控えめ。いちごもきちんと存在感を主張しています。

    SHOP INFO

    Pâttisserie Bell【パティスリー ベル】

    Googleマップ

    福島市庭坂字長林21-3

      営/10:00~17:00
      休/月曜
      P/7台

      ロマンドロール イオン福島店(福島市)

      いちご×クレープ


      フランスロール 生イチゴチョコ生クリーム 580円(税込)
      取材中もお客さんが絶えない大人気クレープ店。いちごは酸味が強く生クリームとの相性が良い「雷峰」を使用。もちもち食感の生地とたっぷりの生クリーム、ほんのりビターなチョコソースと合わさり、ボリューミーだけどもたれない理想のスイーツに仕上げています。

      ※ダイユーエイトMAX店でも販売

      SHOP INFO

      ロマンドロール イオン福島店

      Googleマップ

      福島市南矢野目字西荒田50-17 1F

        営/9:00~Lo.20:45
        休/施設に準ずる
        P/あり

        アトリエ・ド・ガトー(二本松市)

        いちご×パフェ


        朝摘み苺パフェ 1,056円(税込) ※期間限定
        “パフェ=お店で食べる”イメージが強いですが、こちらはテイクアウトもできるパフェ!二本松産の新鮮いちごを泡のような食感の生クリームや酸味をきかせたいちごソース、ピスタチオクリームなどで彩った味変を楽しめるパティシエ渾身の一品です。

        こちらの記事もチェック↓
        スイーツ好きなら一度は訪れるべき!二本松のスイーツ店Atelier de Gateaux【アトリエドガトー】

        SHOP INFO

        アトリエ・ド・ガトー

        Googleマップ

        二本松市油井字古屋敷3-23

          営/10:00~19:00
          ※日曜は18:00まで
          休/月曜 ※祝日の場合翌日
          P/6台

          ケーキ工房 Pattisserie MoMo【パティスリー モモ】(二本松市)

          いちご×個性派ケーキ


          いちごのチーズロール380円(税込)
          お店イチオシのチーズロールのいちごバージョン♪いちごが生地にもクリームにも入っており、生のいちごは地元産を使用。ふわふわしっとり食感の生地と濃厚でなめらかなクリームチーズは相性抜群!すーっと広がるいちごの風味が爽やかで目でも舌でも春を感じられそう。

          SHOP INFO

          ケーキ工房 Pattisserie MoMo【パティスリー モモ】

          Googleマップ

          二本松市金色405-4

            営/10:00~18:30
            休/木曜
            P/4台

            ※この記事はaruku2020年2月号に掲載したものです。価格や内容は取材時のものです。

            連載