春を先取り!「炊き込みご飯であったかお寿司」

春を先取り♪ひなまつりにも◎

【材料】※4人前
・米…3合
・水…430ml
A・米酢…110ml
A・砂糖…大さじ3
A・塩…小さじ2

具材 ※種類や量はお好みで
・錦糸卵(卵2個分)
・干しシイタケ(水で戻す)
・いくら
・木の葉
B・筍の水煮
B・エビ
B・菜の花

甘だれ 半分の量になるまで煮つめる。
・みりん 大さじ2
・醤油 大さじ2
・砂糖 ひとつまみ

【作り方】
1.米を研いだら水に2時間浸し、Aを入れて炊き込む。

2.Bをそれぞれ出汁(分量外)で炊く。1に錦糸卵を乗せ、Bを散らして甘だれをかけたらたら出来上がり!

【POINT】
お酢を入れて炊き上げることで酸味が柔らかくなり、より食べやすくなります。お酢が苦手な方にもぜひ!

【アレンジ】
海苔と合わせて手巻き風に変身!海苔が入ることで味わいも変化します。

【教えてくれた人】


五十嵐 公(いさお)さん
割烹料理「らん亭~美日庵~」の大将。京都・祇園「川上」にて修業し、郡山で「割烹 らん亭」を開店。和食の素材の良さを活かし、伝統や基本を踏まえて新鮮かつ驚きのある料理や感性が光る料理を提供しています。

※この記事はaruku2019年2月号に掲載したものです。

連載