三春町

年の瀬に心スッキリ!ドラムを叩こう!

このイベントは終了しました。

「打楽器を使ったメンタルケアと世代交流」
台風19号ではたくさんの方が被災しました。
8月にママクラのカスタネットづくりからのドラムのセッションを開催しました。こどもたちが容易にキラキラとドラムを叩く姿。大人たちが最初は戸惑いながらも次第に表現力が出てくる姿を目の当たりにして、ドラムをファシリテーターと一緒に、年代様々な人が一緒に叩くというドラムサークルの可能性を感じた気がします。

今回、三春の家(社長宅)にて「打楽器を使ったメンタルケアと世代交流」についてドラムファシリテーターの若林さんにお話をお聞きします。

そして、その後みなさんとドラムサークルを体感!
こどもに関わる方、地域に関わる方、教育に関わる方、被災した方、すっきりしたい方、などお近くにいましたらお声がけください。

お茶をいただきながら、よい年末に向けての時間にしたいと思います。

詳細はこちら↓
https://www.facebook.com/events/508197146703714/

日時/2019年12月8日(日)13:00~15:00
会場/三春の家(三春町鷹巣宮影11-6)※そば遊膳たむら屋近く
※会場の住所はお申し込みの方に別途ご連絡いたします。
参加費/大人2,000円、こども1,000円(未就学児無料)※三春在住者半額
定員/20名
駐車場/10台
お問合せ・申し込み/024-959-3333(有限会社ラビーダ)
またはメールにて→info@lavida.co.jp

ラビーダってどんなお店?こちらの記事もチェック↓
家具に恋した家具屋さん、郡山「ラビーダ」の手仕事雑貨が愛される秘密!

連載