一食で栄養バランスも完結!「京風すい豚」

和食のプロ「いさじい」に学ぶ、和食×ひと手間で簡単アレンジレシピ。今回はこれからの寒くなる時期にもぴったり!豚汁にすいとんを合わせた、一食で栄養バランスも完結するあったかレシピを教わりました。

【材料】 ※2人分
・ごぼう 1/2本
・大根  1/4本
・人参  1/2本
・じゃがいも 1個 
・豚肉    100g
・昆布(20㎝×20㎝) 3枚
A水 600㏄
Aみりん 50㏄
A酒 50㏄
A醤油 50㏄
B薄力粉 200g
B水 200㏄
・薬味 お好みで(ゆず、ねぎ、七味など)
※昆布がなければAの水を出汁に置き換えてもOK。

【作り方】
1.ごぼう、大根、人参は薄切りに、じゃがいも、豚肉もそれぞれ食べやすい大きさに切る。
2.鍋に昆布とAを入れ、①入れ火が通るまで煮立たせる。
3.Bをボールで混ぜ、スプーンなどで②に落とし入れ、固まってきたら火を止める。
4.器に盛り付け、お好みで薬味をちらす。

【Point】
すいとんに薄力粉を使うことで、さっぱりとした仕上がりになります。水を多く加えるほどふわふわした食感になるので、お好みで調節してみてください。

【教えてくれた人】


五十嵐 公(いさお)さん
割烹料理「らん亭~美日庵~」の大将。京都・祇園「川上」にて修業し、郡山で「割烹 らん亭」を開店。和食の素材の良さを活かし、伝統や基本を踏まえて新鮮かつ驚きのある料理や感性が光る料理を提供しています。

※この記事はaruku2021年11月号に掲載したものです。

連載