玉川村鏡石町

こどもと笑顔で過ごす自然とアクティビティに満ちた移住体験【鏡石町・玉川村 コース】

都会では得られない自然豊かな環境や、そこで暮らす人々との温かな交流から、より豊かな人生を送りたいと考える人の中で増えている地方移住。こおりやま広域圏※では、地方移住を見据えた人に向けた移住体験ツアーをエリアごとに開催します。どのツアーも、地元の人や先輩移住者と触れ合える機会をふんだんに盛り込んだ魅力的な内容です。参加費は人数にかかわらず1組5,000円! しかも5,000円分のおみやげ付き!
このページでは、「こどもと笑顔で過ごす自然とアクティビティに満ちた移住体験」をテーマに夏の鏡石町と玉川村を巡るツアーの見どころや、このエリアの魅力をご紹介します。
なお、ツアー内で開催される交流会の模様はオンラインで配信します。「参加したいが日程が合わない」「ツアーの雰囲気を知ってから応募・参加したい」「こおりやま広域圏のことを知りたい」という方はぜひご視聴ください。

※郡山市、須賀川市、二本松市、田村市、本宮市、大玉村、鏡石町、天栄村、磐梯町、猪苗代町、石川町、玉川村、平田村、浅川町、古殿町、三春町、小野町の17市町村で構成される都市圏です。首都圏からのアクセスの良さや都市力の高さ、自然の豊かさから移住先や二拠点居住先としても注目を集めています。

ツアー概要

日程/2024年7月13日(土)~14日(日) 1泊2日
定員/15名
参加費/1組5,000円(ツアー代・産品代込)
参加対象者/福島県外在住で、こおりやま広域圏への移住定住に興味のある方
応募締切/2024年6月18日(火)17:00

ツアー行程

1日目
9:50 郡山駅集合
10:00~11:00 高柳電設工業スペースパーク(郡山市ふれあい科学館)
11:45~14:15 鏡石町健康福祉センター(料理体験・昼食・交流会)
14:20~15:20 岩瀬牧場(見学)
15:30 森の駅yodge着(交流会第2部)

2日目
8:30 宿泊施設発
9:00~11:00 アーバンスポーツたまかわ(見学・自転車体験)
11:15~12:15 レストラン独留馳(昼食)
12:30~13:30 すがまプラザ交流センター(見学)
13:40~14:15 道の駅たまかわ
15:00 郡山駅着

お申込み・お問合せ

鏡石町・玉川村コース(窓口:株式会社日本旅行東北 郡山支店)

福島県郡山市堂前町6ー4 郡山堂前合同ビル3階

    お問合せはメールまたは電話で承ります。
    担当/吉田・石川
    電話受付/月曜~金曜10:00~17:00(祝日除く)
    ※お問合せは原則メールでお寄せください。

    まちの紹介①鏡石町/りんごや梨、いちごが特産!歴史を誇る国営牧場もある町


    福島県中通りの中央南部に位置する鏡石町は、東北自動車道(鏡石スマートIC)や国道4号をはじめとする幹線道路やJR東北本線が南北に通過し、交通の利便性が非常に高く、生活するには住みよい町です。果物の生産も盛んで、りんごや梨で県内有数の生産量を誇るほか、いちごの産地としても有名です。町の東部にある岩瀬牧場は日本初の西欧式牧場として知られており、唱歌「牧場の朝」のモデルとなりました。

    まちの紹介②玉川村/里山の雰囲気を残す豊かな自然と抜群の交通アクセスが魅力


    福島県内唯一の空港、福島空港がある玉川村。村の西部をJR水郡線が南北に、また南部を高規格道路のあぶくま高原道路が東西に走るなど、里山ののどかな雰囲気を残しながら交通アクセスにも恵まれた村です。村では、地域の拠点の一つである「すがまプラザ交流センター」内にオフィススペースを設けサテライトオフィスの開設を支援するなど、移住や二拠点居住のニーズに対応した環境づくりを進めています。

    見どころ①日本初の西欧式牧場、岩瀬牧場で数々のアクティビティを体験!


    約33ヘクタールの広大な面積を誇る日本初の西欧式牧場で、その歴史は140年以上!うさぎやポニーと触れ合えたり、広い場内を一風変わった自転車でサイクリングできたり、バター作りやフルーツの収穫体験ができたりと、たくさんのアクティビティがあります。夏にはトウモロコシ畑を使った巨大迷路も登場!お子さん連れで夏の思い出をたくさん作れるスポットです。

    見どころ②廃校をリノベした宿泊施設、森の駅yodge(ヨッジ)では交流会を開催!


    2006年に閉校した玉川村の須釡小学校旧四辻分校をリノベーションした宿泊施設。かつての校舎の面影を残した、木のぬくもりを感じるつくりが魅力で、今回のツアーでは教室をリノベーションした客室に泊まります。客室からは屋根裏ライブラリーにつながる入口があり、こどもはもちろん、大人も童心に帰って楽しめるつくりになっています。また、満天の星の下でのキャンプや、テントサウナ・BBQなど様々なアクテビティも楽しめます。yodgeで開催する交流会では、現地での生活や地元の魅力などを直接聞くことができます。交流会はオンライン参加も可能!(森の駅yodge HP→https://tamakawa-yodge.com/)

    参加お申込み

    オンライン交流会

      7/13(土)13:45~14:15
      ※時間は前後する場合があります。

      見どころ③初心者も上級者も楽しめる屋内型BMX&スケボーパーク、アーバンスポーツたまかわ


      「日本一自転車が好きな村!」をスローガンに掲げる玉川村にある、全国でも珍しい屋内型のBMX&スケボーパークです。天候に関係なく楽しめて、かつ本格的!ボックス、レール、バンク、モヒカン、ミニラン、ウォールなど豊富なセクションを揃えています。インストラクターから乗り方を教えてもらえるので、初心者でも安心!ぜひこの機会に体験を!(アーバンスポーツたまかわHP→https://cycle-village-tamakawa.com/urban-sports/)

      玉川村でのランチは地元の人に愛されてきた街の洋食屋さん独留馳【ドルチェ】でいただきます!

      キーパーソン

      【鏡石町】
      小柳拓未さん・比呂さん(鏡石町地域おこし協力隊)
      拓未さんは佐賀県、比呂さんは須賀川市出身。勤務先だった東京・浅草の飲食店で出会い、鏡石町の地域おこし協力隊(料理でまちづくりプロデュース業務)として2022年1月に揃って鏡石町に移住。食を通じた町のPR活動に励むかたわら、2023年11月に鏡石町産を中心とした食材を使った飲食店「poco a poco」を開店。

      【玉川村】
      田中瑞穂さん(玉川村移住コーディネーター/地域おこし協力隊)
      熊本県生まれ。フリーターやパラリーガル、茨城県桜川市地域おこし協力隊員などを経て、2023年2月より玉川村の地域おこし協力隊に着任。移住コーディネーターとして移住サポートセンター設立の準備や移住相談、移住者支援、空き家再生などに取り組む。自前の着ぐるみ&パペットによる積極的な情報発信も展開中。

      鏡石町・玉川村体験ツアーはこんな人におすすめ!

    • アクティブな体験を楽しみたい人
    • お子様との思い出作りをしたい人
    • 移住や二拠点居住を考えている人
    • 食も楽しみながら、自然の中で暮らしたい人


    • お申込み・お問合せ

      鏡石町・玉川村コース(窓口:株式会社日本旅行東北 郡山支店)

      福島県郡山市堂前町6ー4 郡山堂前合同ビル3階

        お問合せはメールまたは電話で承ります。
        担当/吉田・石川
        電話受付/月曜~金曜10:00~17:00(祝日除く)
        ※お問合せは原則メールでお寄せください。


        その他のツアーはこちら!
        ※この記事は2024年5月に制作したものです。

        連載