今、注目のサルベージ・パーティーをしよう

例えば、あまり食材を持ち寄って作って食べる
サルベージ・パーティ

料理写真

今注目されつつある「サルベージ・パーティ」ってご存知ですか?
食べきれない頂き物や、季節外れのストック食材、冷蔵庫に眠る調味料などを、Salvage(船底から救出)して、フードロスを減らそうという試みです。みんなで持ち寄って組み合わせたら、自分では思いつかないような食べ方が生まれたり、美味しく片付いちゃったりと良いこと色々!
今回は、プロのシェフの知恵と技術をお借りして、家にありそうな食材で作れるパーティ料理を教えてもらいました。とても手軽で、目からウロコのアイデアが色々。せひ試してみてくださいね。

福ケッチャーノ直伝
キャベツと豚バラ肉のフランス風鍋

フランス鍋

お手軽なのはやっぱりお鍋!
定番の豚キャベツを、フレンチで!?

材料

キャベツ(冬甘菜) 1個
豚バラスライス 500g
タイム 5本
あるある食材 白ワイン 100cc
ブイヨン(またはガラスープの素) 30g
塩、胡椒 適量
マスタード・黒胡椒 お好みで

キャベツは大ぶりで甘みがあるものを選ぶとさらに美味しい!今回は鈴木農場さんの「冬甘菜」を使用しました。

鍋2

作り方

①キャベツは1枚ずつはがして洗い、水気を切ります。
②鍋の底にバターを塗り、白ワインとブイヨンを入れます。
③キャベツを2~3枚重ねて隙間なく敷き、その上に豚バラ肉を敷いて、塩コショウとふりちぎったタイムを入れます。
④③を2~3回繰り返して層をつくります。1番上に形のきれいなキャベツを重ねると、見た目がキレイになります。
⑤タイムをのせ、蓋をして、約1時間弱火でコトコト煮ます。串をさして柔らかくなればできあがり!

食べるときのポイント

ミルフィールのように盛りつけ、お好みでマスタード黒胡椒をつけて召し上がれ。とろけるようなキャベツとお肉の旨みが一体となって最高の味わいです。

きゃべつ

※この記事はaruku2014年12月号に掲載したものです。
▶▶ ホームパーティしようよ! TOPに戻る

バラライン

連載