子育て

今年も難関高校合格者を多く輩出したベスト学院ハイステージ。その実績の理由は?

福島県を中心とした進学塾「ベスト学院」の2019年の合格実績は、安積高校119名、安積黎明高校86名、郡山高校53名、郡山東高校51名、会津高校48名、葵高校23名、磐城高校69名、磐城桜が丘36名、白河高校42名、福島高校41名、橘高校40名、福島東高校38名と、今年も大躍進!

なぜ、ベスト学院はここまでの合格実績を輩出できるのか?

ベスト学院は小学4年生から高校生までを対象にしている福島県内の進学塾。小学生中学生を対象にした部門においては、クラス指導を基本とする「ベスト学院進学塾」と、県内トップ校へ合格させるための特進クラス「ベスト学院ハイステージ」があります。

実は、この「ベスト学院ハイステージ」の驚くべきシステムが多数のトップ校輩出の鍵を握っているとの噂。その驚くべきシステムについて、「ベスト学院ハイステージ」の高橋教務部長にお話を伺ってきました。

-ベスト学院ハイステージではどんな生徒さんが通われているのですか?
高橋教務部長:「ベスト学院ハイステージ」(以下BHS)には県内地域トップ校合格を目指す生徒さんにお通いいただいています。
BHSは地域トップ高校合格にフォーカスした指導をする特進クラスですが、塾生のほとんどが中学校学年トップ10に入る成績の持ち主で、地域トップ校へ合格したい気持ちの強い生徒さんだけが集まっています。

-テストで合格しないと入塾できないと聞いたのですが?
高橋教務部長:その通りです。BHS独自の学力診断テストで一定の基準をクリアするか、新教研もぎテストで5教科の偏差値が60以上の生徒さんにお通いいただいています。

-そのような条件を設ける理由は何故ですか?
高橋教務部長:私たちの目的は、地域トップ校へどうしても合格したい!という方に対しての最善な環境をご用意することとどこにも負けない最高の指導を行っていくこと。
それを実現するためにこのようなシステムになったといえます。決して偏差値60未満の生徒さんを排除しているという意味ではありません。
地域トップ校へ合格するためには偏差値70以上を目標としていますが、そこまで私たちが引き上げられる学力レベルが偏差値60までならなんとかいけるという目安でもあります。
塾にせっかく通っているのですから、ここでしか学べない、自学自習では身に着けにくいことを覚えてほしい、そこまでついていけるのはどうしてもそのレベルでラインを引かざるを得ないということなのです。

-学力レベルを引きあげるために必要なクラスシステムなのですね。ではBHSの塾生さんは入塾後、どのように学力が伸びていくのですか?
高橋教務部長:まずは、偏差値上位の生徒が集まったクラス指導という環境そのものが学力向上に良い影響を及ぼします。
志が高い生徒が集まった教室では、勉強に取り組む姿勢、気迫、雰囲気は普通の塾の教室とはまったく違ってきます。
その集団に身をおくことで生徒たち自身がさらに切磋琢磨できる状況になっていきます。
大人に言われてもなかなか勉強に取り組めない生徒も、自分が辛いときに隣のライバルも同じ状況で頑張っているのを見て、「自分もやらなきゃ」という思いが、まざまざと教室の空気の中で作られていく。
これはBHSの最大の強みだと思っています。
重要なのは生徒のやる気のかかり方です。その点においてBHSはやる気のかかり方が他の特進クラスと比べてかかりやすいと思っています。

どんどんライバル意識を燃やして生徒自身からやる気がみなぎってくる。
どん欲に取り組むようになる。こういう状況にさせてしまうことが重要と考えています。

161102_4

-生徒さん一人ひとりの対応について、特別な指導やバックアップはありますか?
高橋教務部長:ベスト学院では生徒さん一人に講師が必ず一人つくという専属トレーナー制度があります。生徒一人ひとりについて、個人の課題をしっかりと見つけてその対策の指導までを行っています。

どうしても生徒さんは得意不得意が出てきます。放っておくと、苦手な教科はやらなくなり、得意な教科はどんどん進めていくということが起きてしまいます。
BHSでは5教科バランスよく学習し、どの教科も最低限必要なラインまであげていく、ということを徹底しています。

生徒によっては、数学が苦手だと言っていても、実際に苦手がどうかは私たちの目で見てみないとわからないことも多々あります。現にBHSに通い始めたら苦手だった数学が得意になったというケースもたくさんあります。

-他にも生徒さんとの関わり合いの中で留意している点はありますか?
高橋教務部長:限りある時間の中で効率よく学習することは自分ひとりの勉強では難しい、学習指導においては、個人それぞれの課題を深く知り処方箋のように寄り添った解決策を出してあげています。
また、特にちょっとしたことで傷つきやすい年頃ですから、その時期に勉強に対してモチベーションを維持し続けることがとても難しくストレスに感じる生徒さんもいらっしゃいます。
ですので、学習指導だけでなく、普段の生活についても相談してくれれば親身になって応えています。

時には生徒と二者面談もしますし、必要であれば保護者様と三者面談も行い、家庭と塾で本人の心のケアもしています。

-通われている保護者さまからはどんな声がありますか?
高橋教務部長:実は、うちの子は中学校内で成績が学年トップだったのに、BHSのテストでは思いもよらない下位の成績でショックを受けたという声はけっこう多いです。
しかし、そういった経験をした生徒さんのほうが入塾したあと、成績がめざましく伸びていったということも多いです。

-ベスト学院との指導法の違いはどんなところにありますか?
高橋教務部長:ベスト学院では学校の定期テスト前にテスト対策期間を2週間ほど設けて、中学校ごとに定期テスト対策を行いますが、BHSでは定期テストの対策はほとんど行いません。
BHSに集まる生徒たちは地域トップ高校の合格、その先の難関大学への進学が大きな目的となっています。

-最後に中学生の生徒さんをもつ保護者さまへ一言お願いします。
高橋教務部長:今の子どもたちが歩んでいく未来は今とまったく違うかもしれません。
人工知能の発達やロボット技術の開発によって現在小学生がなりたいと思う人気の職業の6割がなくなるかもしれないと言われている時代です。
子どもたちには、そのような状況にも対応できる人間力を身につけてほしいと思います。
今目の前の受験勉強は、どんな壁に向き合っても突破していく力を身につける糧であり、経験です。
受験を含めてたくさんの経験を積んで欲しい。
人は壁を突破していく度に強くなっていくものだと思います。

インタビューした人:ベスト学院ハイステージ 教務部長 高橋さん

なるほど、地域トップ校への高い合格実績は、生徒たちのやる気を高めるための環境づくり、そして生徒一人ひとりに寄り添った指導と心のケアにありました。
子どもを持つ親として、受験に果敢に取り組む子どもはとても頼もしく感じますよね。

福島県内で地域トップ高校への合格を目的として、その先の有名大学への進学まで見据えた進学特進クラス「ベスト学院ハイステージ」。
「小学生からはじめれば誰でも地域トップ高校に合格できる」、そこまでのハイレベルを福島県で実践し実績を得てきたのも、県内の学力レベルを全国上位レベルに引きあげる!という強い高野先生率いるベスト学院ハイステージの強い意志のもとであるのでしょう。

こちらの記事もチェック↓
小学生の国語・数学を得意にするために絶対に押さえたいポイントはこちら

ベスト学院ハイステージの料金

受講料
小学生 2教科(国語・算数)セットコース
月謝 10,000円 管理費1,500円 教材費前期8,600円 合計20,600円
※月謝、管理費は月々の費用です。
※金額はすべて税抜表記

中学生 5教科セット
月謝 20,000円 管理費2,000円 教材費20,000円 合計42,000円
※月謝、管理費は月々の費用です。
※金額はすべて税抜表記

兄弟割引制度
兄弟がベスト学院に在籍中であれば、月謝の低いお子様の授業料が半額になります。さらに3人目のお子様が入塾の場合は3人目のお子様の授業料がすべて免除になります。(東進生、個別は除きます。)

SHOP INFO

ベスト学院ハイステージ

    【受付時間】火曜~土曜(10:00~21:00)

    SHOP INFO

    ベスト学院ハイステージ本部校

    Googleマップ

    郡山市朝日1-13-2朝日吉田ビル4F

      SHOP INFO

      ベスト学院ハイステージ郡山駅前校

      Googleマップ

      郡山市駅前2-3-10

        SHOP INFO

        ベスト学院ハイステージ郡山北校

        Googleマップ

        郡山市富田町字山王林45-1

          SHOP INFO

          ベスト学院ハイステージ福島校

          Googleマップ

          福島市松木町9-11 松木町共栄ビル2F

            SHOP INFO

            ベスト学院ハイステージ会津校

            Googleマップ

            会津若松市栄町2-4レオクラブガーデンスクエアB1F

              SHOP INFO

              ベスト学院ハイステージいわき校

              Googleマップ

              いわき市平字白銀町9-1グランパークホテルエクセルいわき2F

                連載