「土に挑む―走泥社の作家たち―」展 福島県立美術館

このイベントは終了しました。

7f87f8a6e084261ceedb01c2c1c2c927
「土に挑む―走泥社の作家たち―」展
戦後、日本の陶芸界に新風を巻き起こした前衛陶芸家集団「走泥社(そうでいしゃ)」。
八木一夫(1918-1979)、山田光(1923-2001)、鈴木治(1926-2001)ら京都の若手陶芸家たちによって1948年に結成されました。従来の枠組や形式にとらわれない新しい表現が模索されていた中、“土”という素材に向き合い、それぞれ独自の創作活動を展開しました。
この展覧会では、当館が所蔵する山田光、鈴木治作品の他、走泥社を牽引した八木一夫の作品をご紹介します。さらに、走泥社の活動と並行して取り組まれた、実用性を持つ器制作の一部をご覧いただきます。前衛的な活動が広く知られている彼らですが、決してそれまでの伝統を否定した訳ではありません。“土”とどのように向き合い、表現の可能性に挑み続けたのでしょうか。
走泥社の結成から70年、解散から20年となる2018年、三作家の多彩な創作活動の一端をご覧ください。

日時/2018年9月15日(土)~10月14日(日)9:30~17:00(最終入館は16:30まで)
会場/福島県立美術館(福島市森合字西養山1)
休館日/9月18日(火)、25日(火)、10月1日(月)、9日(火)
入場料/一般・大学生600円、高校生300円、小・中学生200円
駐車場/約80台
お問合せ/024-531-5511(福島県立美術館)

地図の中心へ
ルートを検索

連載