グルメ
郡山市

メニュー数約30以上!美味しい料理を生み出す「カフェテラス四季」のシェフに会ってきました♪

カフェブームの先駆け、桑野にあるカフェテラス四季。名前の通り季節に合わせた旬の料理を食べられることでも有名です。いつもはメニューの紹介ですが今回は番外編!四季の厨房を切り盛りするシェフにお話を伺い、メニューの秘話や裏話までも聞いてきました。四季ファンの皆さま必見ですよ~。

今回お話を伺ったのは、四季のシェフ長谷川さん。
調理専門学校を卒業し、地元のホテルの洋食、フレンチ、鉄板焼きレストラン、個人店のイタリアンレストラン勤務を経て今は四季にお勤めです。

四季のシェフ長谷川さん

Q1.シェフは初めから洋食専攻だったのでしょうか?
はい!もともと自分が洋食好きで勉強をするうちに見た目の華やかさ・技法・奥深さに魅了され、もっと極めたいと思ったのがきっかけです。それと、専門学校時代の現場実習でお世話になったシェフとの出会いも自分の進路を決定する上では大きな出来事で、全てにおいて尊敬できる方でした。

Q2.料理を作る際のこだわりは何ですか?
一つ目は何でも一から作ること。例えば、クリスマスに提供していたキッシュは生地から、最近だと2週間かけてベーコンを手作りしました。料理人である以上、常に新しいメニューの考案など目的がはっきりしているモノに関しては、そこに達するまでは常に考えながら行動することを心掛けています。なので、休みの日だって1日中食材のことを考えている時もあるんです(笑)
二つ目は、食材を無駄にしないこと。生き物の命を頂いているということを忘れたくないんです。可能であれば、本来、捨ててしまいがちな野菜の皮や肉の筋、肉の脂まで出汁をとったり、ピューレにしたり、カレーやシチューのルーの材料にしたり、とにかく食材を使い切ることは常に考えています。そういう考えを教えてくれた、とある先輩シェフには今も感謝しています。「世界には食べ物に困っている人たちがまだいっぱいいるんだ、グローバルな料理人なれ!」と教えて頂いたからです。

Q3.数多いメニューはどのように考案しているのですか?
今はスイーツを含めると約30品提供しています。それを全て自分一人で考えるのは大変なので、分担制にしています。ランチなどメインになる料理は自分、スイーツなどのカフェメニューは女性スタッフが考えます。このようにすることで偏りもなくなりますし、甘いものは女性目線の方がアイディアも豊富なのでお任せしています。

Q4.そんな沢山のメニューの中で今のオススメは?
やはりそこはランチメニューです!お魚、お肉をメインに選べる週替わりランチは季節に合った食材を楽しめますし、自分がふと「やってみたい!」と思った料理がイレギュラーに出ることもあります。同じ食材でも調理方法や、ソースに変化をつけることで違ったメニューになるので、常にお客さまに新しいものが出せるように工夫をしています。その他最近では、サラダ仕立てのランチが女性には支持率高いです。

Q5.最後に四季ファンの方へメッセージをお願いします。
カフェテラス四季は長年郡山にずっとあるお店です。天気がいい日はテラス席で季節を感じて頂き、ほっとするようなお食事とカフェメニューで非日常な時間を過ごして頂けると嬉しいです。

長谷川シェフにお話を伺い、カフェテラス四季が何十年とお客さまに愛される理由が分かります。お食事はもちろん、パフェやドリンク類だって豊富にあるのでお友達同士、ママ友同士で午後のカフェタイムをま~ったり過ごすもの◎。

最後に、長谷川シェフがこだわるランチメニューを一部ご紹介。味は実際に試食をしたarukuスタッフが保証しますが、どんな風に美味しいのかはお店で食べてみてね~♪

週替わりランチの例


鶏モモ肉のコンフィ、春のサラダ仕立て 
栄養満点、鶏肉はほどけるという食感でホロホロです。彩りも鮮やかで長谷川シェフの職人技が光り、盛り付けにもこだわりが見受けられます!


自家製グアンチャーレ(豚首肉のベーコン)を使ったローマ風カルボナーラ
今のところ日替わりとしてたま~に登場するレアパスタ。ソースは卵を引き立ててトロ~り、加えて脂がのった長谷川シェフ自家製ベーコンがいい仕事をしています♪

店舗情報はこちらの記事をチェック↓
老舗カフェが一新!生まれ変わった桑野の“四季”が今までと全然違う!!

連載