大玉村

スノーシューで「フォレストパークあだたら」の森を歩こう!

安達太良山麓にあるキャンプ場「フォレストパークあだたら」では、1月と、2月に親子を対象にした日帰りイベントを開催します!野外あそびをしたり、雪の森を探検したり。外遊びに詳しい先生がいるので、森遊びが初めての子や、小さいお子さんが一緒でも安心!寒いからと言って家の中に閉じこもってばかりではもったいない!冬の森へ家族と一緒に遊びに行こう!

フォレストパークあだたらってどんな所?

大自然に囲まれたフォレストパークあだたらは、オートキャンプ場で、電源付きオートサイトはもちろん、充実した設備のコテージや常設トレーラー(エアストリーム)もあり、様々なスタイルでアウトドアを楽しめるスポット。宿泊キャンプはもちろん日帰りキャンプも可能で、さらにレンタル品も充実していてキャンプ初心者でも気軽に遊びに行けるところです。


フォレストパークあだたらでは小さなお子さんも安心して森の中で楽しめる「自然あそび」を定期的に開催。これからの時期は、冬の森を歩く「冬の森遊び&動物の足あと探し」。寒いから外に出たくない、子どもを自然の中で遊ばせたいけれどちょっと心配…というパパ&ママも、思い切って出かけてみませんか?寒い冬の森もかえって清々しく、気持ちいいですよ!

「冬の森遊び&動物の足あと探し」


冬の森の中を、スノーシューを履いて歩きます。スノーシューとは、深い雪の上を沈まないで歩ける道具で、昔の「かんじき」のようなもの。スノーシューがあれば、深い雪の森でも歩けるので、いつもと違った森の景色が楽しめます。

森の中では動物の足あとを探したり、春を待つ植物たちの様子を観察したり、森の先生に教わりながら楽しく散歩しましょう。普段はあまり姿を見ることができない森の野生動物ですが、どんな動物がいて、どんな暮らしをしているか感じることができますよ。

写真はリスの足あと!「森のエビフライ」と言われる、松ぼっくりを食べた痕跡も見つけられたらラッキー♪


雪が積もっていればソリすべりもできます。そりは、たくさん準備してあります。
雪がない場合は、スノーシューをはかずに森の中を散歩します。足あとは見られませんが、動物が食べた跡(食痕)や冬芽などが見られますよ。また、雨の場合は外のメニューを減らし、森林館で木工クラフトを実施します。

日時/2021年1月31日(日)、2月11日(木・祝)、2月21日(日)
各日①10:00~11:30 ②13:00~14:30
定員/午前・午後 各5組(20名程度)
対象/親子(未就学児もOK)
参加費/無料
持ち物/防寒具、帽子、手袋、温かい飲み物、足元はスノーブーツか長靴で。
※1・2月分イベントともに受付中。定員になり次第締め切りとなります。

お問い合わせ・申し込み

SHOP INFO

ふくしま県民の森フォレストパークあだたら(イベント申し込み)

Googleマップ

福島県安達郡大玉村玉井長久保68


    主催/(公財)ふくしまフォレスト・エコ・ライフ財団

    <事業の目的>
    本事業は、震災・原発事故後の子ども達の肥満傾向の解消や体力の向上、心身の健やかな発育を促すこと、また人口減少と少子化が進む本県における子育て世代の県内定着の観点から、魅力的な子育て環境づくりを行うことを目的に実施します。 現在、新型コロナウイルス感染症については、連日、全国で多くの感染者が確認されていますが、「ウィズコロナ」の中、適切な感染予防策を講じた上で、社会活動・経済 活動の維持・再生を図ることが求められています。新型コロナウイルス感染症の収束時期は未だ予測できない状況ですが、それまでの間、本県復興の歩みを止めることはできないことから、感染防止策を徹底した上で事業を実施するものです。

    連載