ショッピング
郡山市

大人が読んでも◎。3~4月に読みたい「ギャラリーマナ」の絵本たち

春の足音がもう少しで近づく今の季節に読みたい絵本を紹介します。
大人が読んでも面白いと感じるものもありますよ。

ユリー・シュルヴィッツの絵本

ユリー・シュルヴィッツはポーランド、ワルシャワ生まれの作家です。独自の世界観で描くイラストは繊細でとてもキレイ!日が昇るまでの時の移ろいを表現した「よあけ」のような情景描写の絵本から、「空とぶ船と世界一のばか」のような冒険物語まで、幅広い絵本があります。

ゆき1,430円、よあけ1,320円


空とぶ船と世界一のばか2,200円、おとうさんのちず1,650円、あるげつようびのあさ1,708円

安野光雅の絵本

絵本作家としては珍しく、科学・数学・文字の文野にも長けていたことから、科学絵本なども執筆。エッシャーのだまし絵のような不思議な絵もあったりと、大人が読んでも面白いです。

ABCの本―へそまがりのアルファベット2,090円、天動説の絵本1,650円

春になる前に読みたい絵本


ぽとんぽとんは なんのおと990円、くさはら どん880円
日常にある「音」に注目した2冊。冬眠中のクマが春を待ちながら音を聞く「ぽとんぽとんは なんのおと」と、草原で聞こえるいろんな音「くさはら どん」は、冬~春にぴったり♪


とん ことり990円、くんちゃんのはじめてのがっこう1,045円
新生活にまつわる2冊。新しい街に引っ越してきた女の子のお話「とん ことり」と、小学一年生になったこぐまのお話「くんちゃんのはじめてのがっこう」です。

※価格はすべて税込表記です。

お店の詳細はこちらをチェック↓
ギャラリーマナなら量販店やネットじゃみつからないおもちゃがみつかる。

連載