レジャー
三春町二本松市会津若松市小野町川俣町広野町昭和村桑折町田村市白河市矢吹町郡山市鏡石町須賀川市

あの地域は何が有名?福島県内、各市町村の特産品を調べました!

豊かな自然に恵まれた福島県には、新鮮な野菜やフルーツ、地物食材を生かしたスイーツや加工品、地域に根差した伝統の味わいと工芸品など作り手の熱い思いが込められた特産品がたくさん!お取り寄せできるものもありますが、落ち着いて外出できる状況になったら直接足を運んでみよう♪

プレゼント

紹介した市町村の「オリジナル特産品詰め合わせ」を30名様にプレゼント!クイズに答えて応募してね♪
応募期間/2021年6月25日(金)まで
プレゼントの応募はこちら

桑折町

※イメージ


福島の名物と言えばやっぱり桃!福島県中通り北部に位置する桑折町は、桃の生産が盛で「献上桃の郷」としても知られています。


この地域で作られた高品質な「あかつき」をふんだんに使用した特産品が「至福の桃シリーズ」。桃グミや桃こんにゃくゼリーなどがあり、中でも「至福の桃ソルベ」は、まるで桃そのものを味わっているようなさっぱりした口あたりが特徴です♪


至福の桃シリーズの他、餅で包んだスイーツ「桃ふく」なども。レガーレこおりや福島県観光物産館などで購入できます。

オンラインショップ「こおり逸品マルシェ」 https://store.shopping.yahoo.co.jp/koori/

川俣町


深みのあるコクと弾力のある肉質が特徴の「川俣シャモ」は、福島を代表するブランド鶏。クセが少なく、親しみやすい風味で噛むほどにしっかりと鶏本来の旨みを味わうことができます。


手軽に楽しめる川俣シャモの加工品は、道の駅かわまたのシルクピア売店で購入できるほか、レストランシャモールで各種シャモ料理を堪能できます。

油パン 165円(製造/清川製菓パン店)


シルクピア売店で販売している油パンは、午前中で売り切れるほどの超人気商品。気になる方は開店と同時に購入を!

二本松市


西に智恵子抄で知られる安達太良山、東に阿武隈山系を望み、中央に阿武隈川が流れる自然豊かな二本松市。奥州二本松藩の城下町として栄えた二本松には古くから4つの酒蔵があり、安達太良山の豊かな恵みの水で造られた清酒は、国内外から大変高い評価を受けています。厳選されたこだわりの素材・職人の磨き上げられた技術・オリジナルの製法で造られる清酒は、各酒蔵ともに特徴ある味わい!

二本松市内の酒蔵(大七、奧の松、千功成、人気一)の紹介はこちら
https://www.arukunet.jp/174512/

郡山市

逢瀬ワイナリーCIDRE 2017 2,200円


2017年の福島県産リンゴ ふじを100%使用したスパークリングワイン。淡いグリーンの色調に軽快な泡、リンゴの果実香の中に松葉のような香りが調和し、優しい甘みからドライな印象が広がり、爽やかな酸味も楽しめます。ご購入はふくしま逢瀬ワイナリーへ。かわいいラベルは金丸実華子作『ひらく』。JR東日本豪華寝台列車トランスイート四季島の乾杯酒に採用されています。

ASAKAMAI 887 2㎏2,600円、450g1,500円


ASAKAMAI 887は、厳格な7つの生産基準をクリアしたお米のみが冠することができる最高級米。粒揃いの食感で、噛めば噛むほどご飯の甘みが広がります。

郡山市と県南鯉養殖漁業協同組合が連携して「鯉に恋する郡山プロジェクト」を始動!鯉食文化の歴史を守り、そのおいしさを全国へ発信。新たな食文化の創造を目指しています。

ASAKAMAI 887 オンラインショップ https://asakamai.theshop.jp/

須賀川市

かっぱ麺(乾麺) 1袋660円(井桁屋本舗)、特別栽培米「大輝地米」2kg972円(みどりや商店)、桃のコンフィチュール 200g980円(阿部農縁)、梅まるごとコンポート 230g500円(須賀川市農業公社)など。


すかがわ岩瀬産きゅうりは、夏秋露地栽培の収穫量が日本トップクラス!須賀川かっぱ麺は、きゅうりの搾り汁のみを練り込んで鮮やかな薄緑色が特徴。ツルっと喉越しもよく、みずみずしく爽やかな味わいです。おうちで好きな具材を乗せてオリジナルかっぱ麺を楽しんでみて。須賀川の特産品は、「すかがわ観光物産館 flatto」で販売中!


現在、市内16店舗では特製みそやさまざまな具材で趣向を凝らした“かっぱ麺メニュー”(期間限定)を堪能できます。街を散策しながら食べ比べを楽しむのもおすすめ!

オンラインショップ「すかがわのモノウム」https://sukagawakanko.shop-pro.jp/

鏡石町

特別純米酒「鏡の雫」720㎖1,375円、1.8ℓ2,750円 ※限定2,000本(四合瓶換算)


鏡石町で大切に育まれた特別栽培米コシヒカリ、牧場のしずくを100%使用した特別純米酒「鏡の雫」(製造/松崎酒造)。伝統の熟練した酒造技法で手間ひまかけてじっくり仕込みました。おだやかな香りのなめらかな酒は、米本来の旨味を感じさせ、酸味のバランスも良好。町内の飲食店でも味わうことができます。町内の酒類取扱店で販売中。

(左)無添加糀あまざけ 520㎖1,296円、(右)なたねの雫 250g500円、820g1,400円


福島県立岩瀬農業高校生が育てたグローバルGAP認証コシヒカリを贅沢に使用した「無添加糀あまざけ」は、すっきりとフルーティーな甘みが特徴。完全無添加なので小さなお子さんからご年配の方まで安心して楽しめます。また、鏡石産なたねを100%使用した食用なたね油「なたねの雫」は、栽培期間中農薬不使用で栽培し、圧搾製法により化学薬品を一切使用せず、一雫ずつ時間をかけて搾っています。天ぷらや炒め物だけでなく、お菓子やドレッシングなど使い方もいろいろ!あまざけ、なたね油は鏡石まちの駅「かんかんてらす」で購入できます。

矢吹町


トマトの栽培が盛んな矢吹町。岡崎農園OK・とまと・ファクトリーが製造するトマトソースは、自社で低農薬・鎮圧栽培で育てたトマトを使用し、ニンニクやハーブなどを加えて丁寧にじっくり煮込みました。350gのソースに使用するトマトは、なんと900g!岡崎農園直売所、こころや、まるごと西郷館で販売中。

(左上)ごますり餅 6個入500円(御菓子司 柏屋)、(右上)かりんとうまんじゅう 108円(松月堂)
(左下)絶好調どらやき 130円・ゼッコーチョーゆべし 95円(須賀菓子店)、(右下)手焼きせんべい 280円~(柴田せんべい店)

白河市

鳥羽玉(うばたま) 1個180円、10個入1,950円


文久3年(1863)創業で白河藩御用達の歴史を持つ老舗菓子鋪 玉家の看板商品。北海道産小豆のみを使用した自家製こしあんをやわらかい求肥で包み、粉糖をまぶしています。しっとりした口当たりで、ほど良い甘さのやさしい味わい。

菓子舗 玉家 オンラインショップ https://shop.gogo.jp/9359400//

(左)プレミアム甘酒5種詰め合わせ 1,780円(山口こうじ店)、(右)「千駒」特別純米麹塵 1,298円(千駒酒造)


米と麹と水だけを用いて造られる山口こうじ店の甘酒は、麹菌の力を最大限発揮した米を発酵させて出来上がります。ずんだ、さつま芋、かぼちゃなど5つの味があり、可愛らしい詰め合わせになっています 。
地元で愛される「千駒」特別純米麹塵は、穏やかな香りとしっかりした米の旨味が特徴。冷や、または、ぬる燗もまた違った味わいが楽しめます。

山口こうじ店 オンラインショップ https://zunndamiso.raku-uru.jp/
千駒酒造 オンラインショップ https://senkoma.com/

三春町


三春町でのブルーベリー栽培は、遊休農地の解消に向けた取り組みとして始まりました。今では町内6カ所にブルーベリーの摘み取り園がオープン。家族連れで賑わい、三春の夏を盛り上げています。人気の摘み取り体験は毎年6月下旬から8月中旬まで開催!各ブルーベリー園ではさまざまな6次化商品の開発・販売を行っているのでチェックしてみて。

ブルーベリー摘み取り体験ができる農園
※入場料/500円、お持ち帰り/100g200円
過足ブルーベリーの丘
福島県田村郡三春町大字過足字過足9-1
TEL.0247-62-6885かおるブルーベリー園
福島県田村郡三春町大字西方字浮階606
TEL.0247-62-4956

むなかた農園
福島県田村郡三春町大字斎藤字長久保252-1
TEL.024-944-7026

滝桜湖つみとりブルーベリー園
福島県田村郡三春町大字滝字吉田292
TEL.080-5557-4061

ブルーベリーファームはしもと
福島県田村郡三春町大字滝字吉田282
TEL.080-1654-1107


三春名物の「三春三角揚げ」は舞鶴城に由来し、鶴が高く飛ぶ姿を型取ったという三角形が特徴。軽く焼いて、サクっとした食感が美味!かつては江戸幕府への献上品だったという「三春素麺」はコシの強さとなめらかな舌触りが絶品。佐藤酒造自慢の地酒「三春駒」はお土産にもおすすめ。特産品は「三春の里田園生活館」で購入できます。

オンラインショップ「ぎゅぎゅっと。みはる」
https://gyugyutto-miharu.com

田村市


田村市常葉町の殿上山の頂に建つ『スカイパレスときわ』。レストラン スカイパレスでは阿武隈の山並みを眺めながら絶品料理を満喫できます。野菜ソムリエの資格を持つ松崎料理長が厳選した田村市自慢の食材をふんだんに使ったメニューは、彩りも味わいも豊か。最高のロケーションでのんびり楽しんで。

トマトたっぷり煮込みハンバーグ 1,200円


たむら八彩カレー 750円


地元野菜のミートソースパスタ 950円

小野町


小野町の新たな特産品として2013年より販売を開始した黒にんにく。土壌を分析し、ミネラルを補いながらバランスのとれた健康な土づくりからスタート。手間を惜しまない中嶋製法により育てられたにんにくを1か月ほど乾燥させ、熱を加えて熟成させることで、やわらかさと黒糖のような甘さを引き出しました。ポリフェノールを多く含み、身体の免疫力UPにと購入するファンも多いそう。(例年9月上旬から販売)

会津若松市


会津木綿の歴史は古く、約400年前から陸奥国会津郡(現在の福島県西部)に伝わる木綿平織りの伝統工芸品です。古くから野良着として用いられ、一般的な木綿にくらべて厚地で丈夫、縮みにくく色褪せもしにくい実用的なことが特徴です。ハンカチやストール、衣服、アクセサリーなど、さまざまなアイテムは若い世代にも人気!会津若松市内の工房や土産物店などで購入できます。最近は会津木綿マスクなども注目されているそう。


会津塗として国の伝統工芸品に認定されている会津漆器。つやのある輝き、華やかな絵柄、木でできた素材のぬくもりが手にしっくり馴染みます。高価と思われがちですが、塗り直しができて、次の世代へ受け継いでいくこともできます。市内の会津漆器工房や土産物店を散策しながらお気に入りを見つけてみては。

赤べこや会津木綿など、特産品の販売店はこちらをチェック!
会津若松観光ナビ https://www.aizukanko.com/souvenir

昭和村


昭和村の矢ノ原高原は700m級の高地に水田や畑が広がり、昼夜の寒暖差が作物をおいしく育てています。そんな高原のそよ風に吹かれて育ったそばは「矢ノ原高原そば」として人気。品種は「会津のかおり」で通常よりも粒が大きく、風味も良いとされていますが、挽き方にもこだわり、より一層風味を引き立てています。村内の飲食店で味わうことができるので、ドライブをしながら出かけてみては。
※生そばのお持ち帰りや発送を扱っているお店もあるのでお問い合わせください。

矢ノ原高原高原そばが食べられるお店
道の駅からむし織の里しょうわ内食事処「苧麻庵」
福島県大沼郡昭和村佐倉字上ノ原1
TEL.0241-58-1455蕎麦カフェSCHOLA
福島県大沼郡昭和村喰丸宮前1374
TEL.080-6657-3381
オンラインショップ https://cafeschola.com/

ファーマーズカフェ大芦家
福島県大沼郡昭和村大芦中組1854
TEL.090-7664-7354


昭和村の特産品といえば、からむし織とカスミソウ。からむしの特性を生かした涼しく肌に心地よい着尺・帯・ショール・帽子・アクセサリーのほか、新商品の食べる「からむし」など多種多様な品揃え。ほかにも甘クルミ、じゅうねんドレッシングなど美味しいお土産も好評です。

道の駅 からむし織の里しょうわ オンラインショップ https://michieki-showa.shop/

広野町


広野町産特別栽培コシヒカリ ひろの米は、広野町の農家が未来への希望を託し、一生懸命に育てあげたお米。栽培期間中は農薬や化学肥料成分を抑えているので手間がかかりますが、その分炊き上がりのツヤと香りもよく、コシヒカリ本来の旨みと粘りがしっかりしています。現在は一般の市場に出回らず、広野町のふるさと納税返礼品のみの取り扱い(毎年11月以降)です。

★写真未着
広野町産みかんを使ったみかんジュース・みかんジャム。広野町産バナナ 綺麗は濃厚な味わいが好評!

※この記事は2021年5月に制作したものです。価格(税込表記)や内容は取材当時のものです。

連載