美容
郡山市

美と健康のプロに聞いた!夏こそ始めたいインナービューティー習慣で綺麗を目指そう♪

エアコンの使用や冷たいドリンクでついつい体を冷やしてしまう夏は、むくみやだるさを感じやすくなりますよね。その原因は、体内の巡りが悪くなり、老廃物や水分を溜め込んでしまうからなんだとか。そこで、体の中から綺麗になるインナービューティーに注目!手軽にできるセルフケアも教えちゃいます!

体が冷えるとどうなるの?


血流やリンパの流れが悪くなって発汗が上手くいかなくなり、余計な水分や老廃物を排泄できず、むくみやだるさを引き起こしてしまいます。さらに、筋肉や内臓が冷えると体を温めようとするため、お腹や腰周りに脂肪を蓄えやすく、冷え太りを招いてしまうことも!

<あなたはいくつ当てはまる?冷え・むくみチェック!>
□足が張っている感じがする
□呼吸が浅い
□便秘気味
□腹・腰周りが冷たい
□冷たい飲み物が好き
□肌トラブルがある
□入浴はシャワーで済ませる
3つ以上当てはまったら要注意!!

体内から綺麗になるには?


まずは、血流やリンパの循環を良くし体を温め、発汗することが大事!汗は血液からできており、体に溜まった老廃物や余計な水分、塩分などと一緒に排泄されます。体温を上げ代謝を活性化することで発汗作用が高まり、無駄な水分や脂肪を溜め込みにくい体になるんだそう。

1日2ℓは間違い!?自分にぴったりの水分摂取量って?


体内循環を良くするには、水分摂取もとっても重要!水を1日2ℓ飲むと良いと聞いたことがある人もいると思います。しかし、これ実は大きな間違いなんです!一人ひとり体重が違うため、自分に必要な量よりも多く摂取してしまうと、水太りの原因に。下の方程式を参考に自分に必要な水分量を計算してみて。

体重×30ml=1日に摂取すべき水分量
例)50kg×30ml=1,5リットル

さらに、体の巡りを良くするには摂取するタイミングも大事!身体を動かしている日中に飲むことで全身に水分が行き渡り、夜までに尿として老廃物の排泄を促してくれます。理想は午後5時までに飲むと◎!常温に近い水が一番良いですが、お茶などで水分を摂る時は、緑茶よりもほうじ茶や麦茶など茶色のお茶を選ぶと良いですよ。

温活食材で体温&代謝アップ!


冷たいドリンクや食べ物が多くなる夏は、胃腸などの内臓機能も弱くなり便秘や冷えを感じている人も多いはず。そこで、体温アップや腸の働きを助けてくれる食材をご紹介♪毎日の食事に取り入れてみて。

【体温アップに効果的】
・白湯・ココア・生姜など

【腸の働きを助ける食材】
納豆・味噌・甘酒・キムチなど発酵食品
わかめ・昆布・芋類などの水溶性食物繊維
穀類・きのこ・豆類などの不溶性食物繊維
便秘改善に効果のある食物繊維は水溶性・不溶性バランスよく摂るのが望ましい!

簡単なセルフケアでインナービューティーを後押し!


インナービューティーするなら、日常の生活に+αできるセルフケアがオススメ!どれも簡単なので、気軽に取り入れられますよ。

①深呼吸
呼吸が浅くなると、血液に十分な酸素が行き渡らず酸欠状態に!特に、マスク生活が続く今は、血流が悪くなりがちです。複式呼吸を意識すると副交感神経が優位になるのでリラックス効果も得られますよ。

②ストレッチやマッサージ
体内のリンパ液はゆっくりと流れているため詰まりやすい!特に長時間のデスクワークなどで、足がむくみやすい人は寝る前にマッサージをすると良いです。身体は約7時間かけて疲れを取り、良い状態にリセットされるので、おやすみ前に行うと効果的です。

お話をうかがった方

エステサロン美知花 森合未帆さん

エステサロン未知花【みちか】についてはコチラをチェック↓
健康で美しい身体に導き自己免疫力を高めてくれるエステサロン未知花【みちか】

※この記事は2021年6月に制作したものです。内容は取材当時のものです。

連載