ショッピング
福島市

福島市でうつわが買えるお店は?お気に入りの食器を探そう。

日常を、ちょっぴり豊かにしてくれる、普段使いのうつわたち。実は県北エリアには、作家の手仕事が感じられる、素敵なうつわを扱うお店が、いっぱいあるんです。いつものお料理も、うつわを変えるだけでワンランクアップ!一層おいしく感じられます。今回は県北に注目して、素敵なうつわのお店をご紹介します。

utsuwa・galleryあんざい

五感を優しく解き放つ果樹園に佇むうつわギャラリー

tokusyu-028
フルーツライン沿いに並ぶ果樹園の一角。樹木や草花が彩る庭の奥に、築百年ほどになる日本家屋を改装したutsuwa・galleryあんざいがあります。外の光が優しく差し込む店内には、ナチュラルな暮らしに馴染んでくれるような素敵なうつわばかり。

tokusyu-007

益子の若手作家・郡司庸久さんや、シャープで繊細な白磁を造る角田淳さんの作品などが並びます。

tokusyu-034

「子育て中だけど、うつわを買って家で楽しみたいというお客様がいらしたことがあって。素敵だな、と思いました。ぜひ日常に使ってほしいと思います」と話すオーナーの安斎さん。うつわが好きで各地から「いいもの」を集めており、一緒にいるだけで、こちらも穏やかな気持ちになれる、居心地のいい人。うつわ初心者でも、その人の暮らしにあったものを選んでくれます。

tokusyu-004

見た目の美しさはもちろん、使う人のことを考えた、機能性にも優れた作品が多いのもここの特徴です。たとえば茶葉が詰まりにくい急須や、液だれしない醤油さしなど、使うほどに良さを実感できる作品も購入できます。

tokusyu-005皿(中)3,240円(小)1,620円

豊かな自然に囲まれたギャラリーは、何度でも足を運びたくなる魅力でいっぱい。

tokusyu-001

utsuwa・galleryあんざい
Tel.024-591-1064
福島市町庭坂原ノ内14
営/11:00〜17:00
休/月〜水曜
P/あり
現在地
ルートを検索

うつわの店 ちゃぶだい

家ごはんをフォトジェニックにするうつわの専門店

tokusyu-042

tokusyu-044

おしゃれな外観がまるでカフェのようなうつわの専門店「ちゃぶだい」。扉を開けると、店内いっぱいに並ぶキュートなうつわに目を奪われます。若手作家のうつわを中心に、使いやすいもの、実用的なものを手頃な価格で販売。随時様々な個展が開催されているので、いつ訪れても新しい出合いが待っています。東北ではここだけでしか取り扱わない作品を展示することもあるそう!

tokusyu-052

tokusyu-065

tokusyu-048

店内は広く、作者ごとに展示スペースが分けられているので、作家一人ひとりの作風を感じることができます。ぽってりとした温かみのあるうつわや、手馴染みの良いシンプルで使いやすいもの、土のぬくもりを感じさせてくれるもの、女子心をくすぐるカラフルでフォトジェニックなものなど様々。料理を盛り付けるのがもったいないくらいかわいいものもたくさん揃います。

tokusyu-070

オーナーの菊地さんはうつわの魅力を「やきものを毎日使うことで、うつわの表情が日々変化していくこと」と教えてくれました。長く使うにつれて少しずつ少しずつ変化し風合いを増すうつわ。その移りゆく表情を楽しんでいきたいですね。

tokusyu-047 笠間焼や益子焼を中心に、若手作家の作品を揃えます。菊地さんが自ら内装を手がけた白い壁を基調とした明るい店内に、個性豊かなうつわたちがいっぱい!取材当時は益子焼の女性作家による作品展が開かれていました。年に数回、企画展や個展も開かれます。家族やお友達へのプレゼントにも良さそう。

tokusyu-057 クロス付きスープカップ2,600円
tokusyu-043

うつわの店 ちゃぶだい
Tel.024-554-5910
福島市御山字東壁谷沢22-5
営/10:00〜18:00
休/月曜
P/あり
現在地
ルートを検索

 アトリエ sosora

うつわ女子が集まる女性作家のアトリエ
tokusyu-084

tokusyu-095

手皿1,200円〜、コーヒーカップ1,500円〜、角皿は3,000円〜。
オリジナル陶器と陶芸教室のアトリエ「sosora」を営むのは女性陶芸家の本田元美さん。ギャラリーにはうつわや花器など、本田さんの作品が並びます。女性らしさを感じる可愛いデザインから力強い存在感を感じるものまでバリエーション豊か!

tokusyu-087ギャラリーには白と黒、対照的な2色の作品が並びます。シンプルなものからユニークな作品まで様々。「空が好き」という本田さんの作品には、雲のモチーフが描かれた個性的なものも。

tokusyu-106

tokusyu-103

美術大生時代から陶芸を始めたという本田さん。気さくな本田さんの陶芸教室には、モノづくりが好きな女性が集まるそう。教室では子どもたちに教えることも。気軽に陶芸にもチャレンジしてみませんか?陶芸体験はエプロンひとつでOK。桜の名所、茶屋沼公園の目の前です。

アトリエ sosora
Tel.090-2982-5519
福島市渡利松保30-3
営/9:30〜11:30、13:30〜15:30
休/不定休
P/あり
★陶芸教室は要予約。
受講料+材料代 大人1,500円、中学生まで1,000円。道具は教室にあり。エプロンのみ持参。
現在地
ルートを検索

うつわと雑貨 うさぎや

見る人をほっこりさせるカワイイが詰まった路地裏のお店

tokusyu-188

ノスタルジックで町なかの異空間的存在。「うさぎや」には思わず「カワイイ」と叫んでしまう色とりどりのうつわや雑貨が、ところ狭しと並びます。ほっこりするようなかわいい絵柄を施したマグカップやプレート、和テイストの小皿、北欧風の食器など、乙女心を刺激するうつわたちでいっぱい!

tokusyu-189ロングセラーのボウル(小)1,080円(大)2,808円、プレート(小)1,620円(大)2,700円

tokusyu-190

暮らしの中に「楽しい」をプラスできる、そんなアイテムが揃うお店です。価格も手頃なので、あれもこれもと、つい買いすぎてしまいそう。「ほかの人には、このお店を教えたくないっ」と言う根強いファンもいるとか。食卓を華やかにしてくれる素敵なうつわたちで、毎日の食卓も楽しく彩ってみませんか?

tokusyu-187

うつわと雑貨 うさぎや
Tel.024-522-2532
福島市大町3-10
営/10:30〜19:00 (日・祝日11:00〜18:00)
休/水曜
P/なし
現在地
ルートを検索

器・ひつじぐさ

若手作家を中心に普段使いのうつわをセレクト

tokusyu-080

稲荷神社そばにある「器・ひつじぐさ」は普段使いできる若手作家の作品を中心にセレクトした、手仕事のうつわ等を扱うお店。盛り付ける料理をじゃましない、スタイリッシュでシンプルなうつわが多く、男性ファンも多いそう。

tokusyu-0811人用サイズ土鍋4,104円、とんすい1,620円

tokusyu-078

小鉢や豆皿など、和食の盛り付けにもよく合う作品を取り揃えています。直火にかけることができる陶器もあり実用的。

tokusyu-075「毎日使ううつわは、自然と愛着が湧いてくるもの。それが手仕事から生まれたものだったら、なおさら愛着は深まります」とオーナーの阿達さん。ぜひ自分だけの一点モノを見つけてみてください。不定期で作家の個展も開かれています。

器・ひつじぐさ
Tel.024-573-0337
福島市宮町2-40
営/11:00〜18:00
休/日・月曜
P/あり
現在地
ルートを検索

うつわの店 本田屋

一点モノからプチプラモノまで高原の観光スポットでうつわさがし

tokusyu-180
アンナガーデンにある、うつわの店・本田屋。400円代から手に入るプチプラモノから、ひと皿十数万円する本格的な陶器まで幅広く取り扱います。美濃焼、信楽焼、九谷焼など産地も色々。中には現代風にアレンジされたものも。うつわのほか、箸や小物など、食卓を彩るものがすべてここで揃うのも便利。

tokusyu-183

プチプラなうつわには、かわいいデザインのものがたくさんあるので、思わずセットで揃えたくなるかも!?自らも陶器づくりを行う、店主の本田さんはうつわへの造詣が深く、陶芸ファンも多く訪れるとか。どれにしようか迷った時は、気軽に相談に乗ってくれます。

tokusyu-182

tokusyu-185

tokusyu-179

うつわの店 本田屋
Tel.024-593-3935
福島市荒井字横塚3-193(アンナガーデン内)
営/10:30〜16:30(12月〜2月は10:00〜16:00)
休/不定休
P/あり

現在地
ルートを検索

こちらもチェック→福島市・伊達市のうつわカフェのお店

※この記事はaruku2017年11月号に掲載したものです。

連載