季節の魚を味わおう!一本まるごと使った「秋刀魚の炊きこみご飯と茶碗蒸し」

万能出汁の作り方はこちら

秋刀魚の炊きこみご飯

IMG_3163

【材料】※2人前
・米………………2合
・万能だし………360cc 
・秋刀魚…………2本
・油揚げ…………1枚
〈特製ワタ醤油〉
A・秋刀魚のワタ…2本分
A・醤油……………大さじ3
お好みで
・刻みねぎ………適量
・ごま……………適量

【作り方】
①米を研いで水に2時間浸し、水を切った米と万能だし、熱湯で油抜きをして細切りにした油揚げを一緒に炊きこむ。
②秋刀魚を3枚におろし、フライパンで表側と裏側がパリッとするまで焼く。
③Aを混ぜて軽く火を通し、特製のワタ醤油を作る。
④炊き立てのご飯の上に②を乗せ、③とごまなどをお好みでかけて混ぜ合わせ、完成
メイン 秋刀魚の炊き込みご飯
秋刀魚の骨をカラッと揚げてトッピングしても◎

炊きこみご飯の茶碗蒸し

もうひと手間で簡単アレンジ♪
サブ2 茶碗蒸し

【材料】※2人前
・炊きこみご飯の残り…茶碗2杯分
・卵…………………2個
・万能だし…………100cc
・特製ワタ醤油……5cc
お好みで
・刻みねぎ…………適量
・焼いた秋刀魚……適量

【作り方】
①炊き込みご飯の残りをおにぎりにして、フライパンで軽く焼き色をつけて、茶碗の中へ入れる。
②卵と万能だしを混ぜ合わせ、特製ワタ醤油で味をみながら調える。。
③②を①が入った茶碗の中に入れ、180℃のオーブンで2、3分、表面が茶色く色づくまで焼いて完成!お好みで刻みねぎや秋刀魚をのせて召し上がれ。

【教えてくれた人】


五十嵐 公(いさお)さん
割烹料理「らん亭~美日庵~」の大将。京都・祇園「川上」にて修業し、郡山で「割烹 らん亭」を開店。和食の素材の良さを活かし、伝統や基本を踏まえて新鮮かつ驚きのある料理や感性が光る料理を提供しています。

※この記事はaruku2018年10月号に掲載したものです。

連載