ライフスタイル
郡山市

コロナ渦でも最高の式は叶います!「ウエディングカウンター福島」で聞いた今の結婚式のカタチ!

新型コロナウイルス感染拡大で、結婚式を躊躇っていたり、延期された方も多いのではないでしょうか。式場探しや、どんなカタチなら式を挙げられるのかな。と悩んでいる方もいるはず。そこで今回は、今まで1,000組以上のオリジナルウエディングをプロデュースしてきたウエディングカウンター福島の本田さんに、今年式を予定していた方のお話と、感染リスクを極力抑えた新しい結婚式のカタチについて聞いてきました!

プランナーの本田さん(写真左端)

年内に式を予定されていた方はどうされていましたか?
本田さん: 挙式の時期に悩み、春頃に式を予定されていた方で秋に延期する方は多かったですね。当初予定していた50人規模くらいから−20、30人縮小して親族のみ、または親族に少人数の友人をプラスしてのケースがほとんどでした。

直近で式を控えている方は、どんな結婚式を挙げましたか?
本田さん: コロナウィルスの影響で泣く泣く延期を余儀なくされ様々な制約がある中、レストランやガーデンで行う式を選択された方もいらっしゃいました。また、私自身初の試みでもあった人前結婚式のYouTubeライブ配信を行いました。チャペルと披露宴会場と別々にゲストが居ながら同じ時間を共有でき、喜んでいただけました。

人前結婚式のYouTubeライブ配信の様子

実際10月に結婚式を挙げた郡山市在住Hさんご夫妻に結婚式についてお話を聞いてきました!

Q.どうしてウエディングカウンター福島を選ばれたのですか?
お話から人柄の良さを感じたことと、本田さんが今まで携わっていた結婚式の写真などを見て、写真から温かさが伝わってきて、本田さんにお任せすれば自分の理想の結婚式が出来るかと思ったからです。

Q.コロナ渦中ということで、何に1番悩まされましたか?
やはり1番は、ゲストの皆様の感染対策ですね。毎日のニュースを見て実際に挙式を挙行してよいものかどうか?と本当に毎日悩んでいました。

全員に見て欲しくて取り入れることに決めた、生中継挙式の様子

そして2人で何度も話し合って、当初6月に予定していた式を10月に延期し行うことに決めました。しかしそこからも、コロナウィルスの事を考えて本来の結婚式のカタチが出来るのか?自分たちが理想とする“全員参加の式““ゲストと一体感のあるアットホームな結婚式”をどう表現できるかと、悩むことは多かったです。

Q.実際の挙式はいかがでしたか?
自分達のイメージしていた理想のカタチの結婚式をすることが出来ました!本田さんに遠慮なく自分たちの想いを自由に伝えることが出来て、理想に一番近い結婚式になりました。TEAMホンディのプロデュースでないと達成できなかったのではないかと思います。

いよいよこれから挙式!緊張をほぐすため新婦特製のサンザシドリンクを飲んでひと息

出席者からは、「私たちらしい温かみがあって親近感があった式でとにかく楽しかった、幸せな気持ちになったよ。」と声をかけてもらいました。「料理も美味しかったし、ゲストに対するおもてなし感が伝わってきて良かったよ」と言っていただけて、この状況下ではありましたが式を行うことが出来て本当に良かったです!

一人一人違うオリジナルの引き出物を、テーブルを回って新郎新婦から手渡し!

本田さんからのコメント
お二人の「コロナ禍のなか来てくれたゲスト全員をおもてなししたい」という精神は素晴らしく、最終的にその想いを形にできたとてもいい結婚式になりました。「今だからこそ結婚式を挙げて良かった」とお二人とゲストの皆さんに喜んでいただけて嬉しく思います。

~まとめ~

☑家族や親戚だけの結婚式を挙げたい
☑結婚式の時期や式場探しに悩んでいる
☑結婚式のイメージが固まらない
☑他のカップルがどんな結婚式を予定しているのか、挙げたのかもっと詳しく知りたい
☑福島県内での式を考えている

今、結婚式に関して上記のような悩みを抱えるのは、自分たちにとって大切なゲストのことを想うからこそだと思います。一生で特別な日になる結婚式だからこそ、様々なオリジナルウエディングをプロデュースしてきた経験のある本田さんにアドバイスを求めてみては?

ウエディングカウンター福島なら無料で相談できるうえ、通常の来店相談以外にも、ZOOMやLINEビデオ通話でのオンラインや、訪問とあらゆる形で対応してくれるので安心ですよ!

ウエディングカウンター福島についてはこちらの記事をチェック↓
結婚式=式場じゃなくてもいい!?郡山で少人数結婚式、オリジナルウェディングを挙げるなら?

連載