グルメ
福島市郡山市

リピーター必須!カレーのおいしい店~郡山&福島編~

スパイシーで奥深くって、元気になれて時には懐かしさだって呼び起こす!
いろんな主食と文句なしの相性を誇り、家庭から専門店、街の食堂まであらゆるところで楽しめる-
カレーって私たちにとって最も身近で最もいろんな表情を見せてくれる料理なのかもしれません。

Krispa Mahal八山田店(郡山市)

郡山市の桑野と八山田にお店を構える『クリスパマハル』。本格的なインドカレーが手軽に味わえる大人気のお店です。ここで働くジャンガさんをはじめとしたネパール人のスタッフさんたちに、インドやネパールのカレーの魅力についてたずねてみました。


Krispa Mahal八山田店スタッフ ジャンガさん

インドやネパールのカレーと日本のカレーの大きな違いといえば、スパイスに求める役割の大きさ。意外にもインドカレーは日本や欧風カレーのように、長時間煮込んで素材の味を引き出すことはあまりないのだそう。スパイスの組み合わせ方とメインとなる食材の味わいで辛さや酸味、甘みなど味に変化をつけるのがインドカレーの考え方。「向こうの味を日本人の口に合うようにバランスを考えるのが大変でした」とオーナーのクリスナさんは話します。チキンやキーマなどの日本人にも身近なカレーから、インドカレー屋さんならではのエスニック感満載のカレーまで、メニューの一つひとつにそうしたこだわりが感じられます。また、ノーマル(甘口)からデンジャラスホット(大激辛)まで5段階から辛さが選べるのも、辛い料理の好き嫌いを問わずに多くの人から支持されているポイント。
カレーの脇を固める料理の存在もインドカレーの魅力を語るうえでは外せません。お皿をはみ出さんばかりのジャンボサイズのナンはその代表格。もちっとした食感と噛むほどに広がる甘さは絶品!カレーとの相性ももちろん文句なしでこの味を求めてお店を訪れる人も多いのだとか。他にもスパイスを使って焼き上げた香ばしいチキンティッカや豆を使ったせんべいのようなパリパリ食感が楽しいサモサなど、他ではあまり食べられないインドやネパールの料理がエスニック気分をさらに高めてくれます。

食べ応えもコスパも魅力的♪


ランチCセット 950円(写真はチキンとキーマの組み合わせ)
ランチのオススメは4種のカレーから2種類が選べるCセット。1番人気のチキンに、辛さの中に甘さを感じられるキーマ、ベジタブルはマイルドな味わいが特徴です。これにお楽しみの日替わりが加わって、どの組み合わせを選ぶか毎回悩んじゃいそう。ナンやライスはお替りも自由!チキンティッカにシークカバブ、サラダ、スープ、ヨーグルト、ドリンクまでついてこの値段は魅力的!

ディナーには一味違った本格のインドカレーを


ディナーにはランチセットでは選べない趣向を凝らした本格カレーを選んでみて!

①パラクパニール  850円(左前)
ほうれん草と自家製チーズのカレー。スパイスの香りよりまろやかさが際立ったおいしさ。

②シーフードカレー  950円(右前)
トマトベースのカレーにたっぷりのシーフードを合わせて。

③バターチキン  890円(左奥)
丸みのあるバターチキンは辛口にすると後引く辛さがクセになる!

④マントンドピアザ  950円(右奥)
たっぷり野菜とマトンが入ったドライタイプのカレー。

SHOP INFO

Krispa Mahal 八山田店【クリスパマハル】

Googleマップ

八山田西4-13ピュアリー101

    営/11:00~15:00、17:00~22:00
    休/無休
    P/10台

    くぼた屋(郡山市)

    焼肉屋さんの隠れた人気メニュー


    ハーフ&ハーフカレーライス 756円
    ひと口食べて驚かされるのがぎゅっと凝縮されたお肉のおいしさ。和牛のすね肉に加えてひき肉や野菜を形がなくなるまで煮込むことで、究極の旨みを実現しています。おすすめは3段階の辛さから2つを選ぶハーフ&ハーフ。旨みをそのまま楽しめる甘口から火を吹く辛さがクセになる激辛まで、違った表情が楽しめるのも魅力。

    SHOP INFO

    くぼた屋

    Googleマップ

    郡山市堂前町30-1

      営/11:30~14:00 、18:00~23:00 ※土日祝は17:00~23:00
      休/水曜
      P/10台

      まるご食堂(郡山市)

      卵とチーズとカレーのハーモニー♪


      ふわふわカレー 870円
      ラーメン店ながら店主は以前カレー屋さんを営んでいただけあって、カレーへのこだわりも相当の『まるご』。特に土曜の夜限定で楽しめるふわふわカレーは必見です!丁寧に時間をかけて作られた深みのある欧風カレーをとろとろチーズがたっぷり入った卵にオン♪スパイシーなのにまろやかな新しいおいしさが広がります。

      SHOP INFO

      まるご食堂

      Googleマップ

      郡山市喜久田町堀之内字向原7-108

        営/11:00~14:30、17:30~20:30(土曜のみ)
        休/木曜
        P/7台

        Curryria&Cafe 笑夢(福島市)

        福島市で2店舗を展開するカレー専門店『笑夢』。スパイスの組み合わせはもちろん、食材の組み合わせにもこだわり、欧風カレー、グリーンカレー、バターチキンカレー、スープカレーなど世界中のカレーを“笑夢流”にアレンジして提供しています。唐辛子の他に豆板醤やラー油などを使って辛さを引き出すなど、従来の常識に捉われないアレンジ法は実に多彩です!


        Curryria&Cafe 笑夢オーナー 芳賀さん

        常によりおいしいカレーを追求している店長の芳賀さんは、自他共に認めるカレーマニア。そんな芳賀さんにお店をはじめたきっかけをたずねると「昔から毎日食べても飽きないくらいカレーが好きだったんです」という答えが返ってきました。目指すお店は、みんなを笑顔にできるカレー屋さん!
        実際に2つのお店ではそれぞれ違ったスタイルの楽しみ方ができるのが特徴で、駅前にある1号店では“ライフスタイルの中にもっとカレーが定着してほしい”との願いを込めて、手軽に食べられるメニューが充実。また、2号店は“コース料理のように楽しめるカレー”がコンセプト。落ち着きあふれる店内の空間づくりやカレーを中心としたワンプレートのメニューにこだわり、好みや目的に合わせて2つのお店を楽しむことができます。
        また、お店を飛び出しケータリングカーで各地のイベントにも積極的に出店している『笑夢』。それでも芳賀さんは言います。「カレーの世界は本当に奥が深い。まだまだ正解は見つかっていません」。カレーの世界に魅せられた彼が今度はどんな新しいカレーの楽しみ方を見せてくれるのか、これから先も目が離せません!

        いろんなカレーをいろんな食べ方で!


        カリープレート 2,050円(夜限定)※カレー1種の場合 1,890円
        カレーを中心に様々な料理を一緒に楽しめる南インドのターリというスタイルに倣った、2号店限定のカリープレート。ナンとライスの両方で楽しめる選べる2種類のカレーを中心に、サラダ、エビとホタテのグリル、インドのおせんべいのパパド、デザートと豪華なラインナップ。エビやホタテはそのまま食べてもカレーに入れてもよし!パリッとしたパパドはビールがほしくなる美味しさです。

        野菜たっぷりが女子に嬉しい♪


        野菜カレー 1,200円(夜限定)
        ブロッコリー、アスパラ、ズッキーニ…。夏野菜を中心とした野菜のフリッターにお好みでのカレーをかけていただく女子受け満点の新メニュー。季節によって使用する野菜は変わるそうで、カレーと野菜のいろんな組み合わせが楽しめるのが魅力です。写真はトマトベースのさっぱりとしたカレーの味わいの中に、エビでとった出汁の風味が効いたマサラカレー。

        SHOP INFO

        Curryria&Cafe笑夢【エム】※2号店

        Googleマップ

        福島市森合字清水2-7

          営/11:30~16:30(ランチ14:30まで)、18:00~21:00  
          休/火曜

          HAPPY HAPPY CURRY(福島市)

          アツアツの石焼きにおいしさ倍増!


          やわらかチキンとほうれん草の石焼カレー 880円(Mサイズ)
          ボリューム満点の超特大カレーや種類豊富なトッピングなど、いろんなスタイルでカレーを楽しめるお店。中でも最後まで熱々の石焼きカレーは、その魅力を最大限堪能できる人気メニュー。そのまま食べて、卵と絡めて、おこげを楽しんで。それぞれに異なるおいしさとどの食べ方にも合うカレーの懐の深さに感心です。

          SHOP INFO

          HAPPY HAPPY CURRY【ハッピーハッピーカレー】

          Googleマップ

          福島市北矢野目字小原田西5-9

            営/11:00~20:00
            休/火曜(祝日の場合は営業)
            P/15台

            洋風食堂AOKIYA(福島市)

            激辛好き必見!“超激辛100倍”


            バーニングBLACKカレー 1,100円
            通常の100倍を謳う辛さに熱烈なファンも多いバーニングBLACK。
            もちろんすごく辛いけれど、それだけでない深い旨みを感じられるのは、インパクト大なその真っ黒い見た目にワケがあり!苦くなる手前まで焦がすことで、ビーフと野菜のエキスが最大限に引き出されているんです。汗もスプーンも止まらないおいしさをぜひ♪

            SHOP INFO

            洋風食堂 AOKIYA【アオキヤ】

            Googleマップ

            福島市松川町本町100

              営/月~土11:00~14:00、17:00~21:00 日11:00~21:00
              休/火曜
              P/3台 ※第2P有

              コーヒー&カレー白い部屋(福島市)

              老舗の喫茶店で見つけた個性派カレー


              白カレー 660円(シーフードorポーク)
              白カレーはカレー味のクリームシチューをドライカレーにかけて食べる新感覚のメニュー。
              ベシャメルソースのまろやかな味わいの中にカレーの風味がしっかり。甘酢漬けのさっぱりサラダとの相性もよく、子どもから大人まで幅広い世代が愛してやまない看板メニューというのも納得です。リーズナブルな価格も魅力的♪

              SHOP INFO

              コーヒー&カレー 白い部屋

              Googleマップ

              福島市上町1-5

                営/10:00~20:30(Lo.20:00) ※日曜11:00~19:00
                休/土曜
                P/2台

                意外と知らないカレーのあれこれ

                Q.2日目のカレーってなぜおいしい?
                A.味が馴染んで旨味が増すから!!
                「2日目のカレーはおいしい」昔からよく言われていますが、一晩寝かせることで野菜や肉から出る旨味成分が増えるんです!しかも具材が程よく煮崩れることで、その旨味が全体に広がり、まろやかな味わいも強くなります。ちなみにカレーをおいしくするために使われる様々な隠し味の中でもプロのイチオシがオイスターソース。小さじ1~2程度を加えるだけでグンと奥深い味になるそうです。ぜひ家庭でも試してみて♪
                (取材協力:Curryria&Cafe 笑夢)

                Q.日本人ってどれくらいカレーを食べるの?
                A.週に一度は食べている!!
                農水省の統計によると日本人は平均すると、年に一人約78回もカレーを食べているんだって。これは週に換算すると必ず1回以上はカレーを食べているという計算に。まさに日本人にとってカレーは国民食!

                Q.カレーはもともと高級料理だった!?
                A.給食とカレールウがカレーを身近にした!
                カレーが日本に伝わったのは明治のはじめ。インドからではなく西洋から様々な文化が入ってきた中のひとつでした。輸入物ということもあり、当時は上流階級の食べ物。その後、国産のカレー粉が開発され家庭料理として浸透したことや、栄養バランスの良さと一度にたくさん作れる理由から学校給食に採用されたことで、一気に身近な存在になったそうです。

                ※この記事はaruku2014.8月号に掲載したものです。価格や内容は取材時のものです。

                連載