郡山市

目立たず歯並びを綺麗に治せる!「文化通り矯正歯科」のマウスピース型矯正装置って?

目立ちにくいことから、近年注目を集めるマウスピース型矯正装置。でも、その分費用が高くなったり、本当にマウスピースだけで治せるの?と思う方もいるはず。そこで、歯列矯正を専門とする文化通り矯正歯科の西村院長にお話を伺いました。

Q.どんな歯並びでも、マウスピース型矯正装置で治せますか?
マウスピース型矯正装置は、すべての歯並びを治せるというものではありません。私たちも患者様の希望に応えたい気持ちはありますが、どうしても制限があります。適応可能な範囲については、いくつかチェックポイントがあります。

適応可能な症例 ※例外もあります
・すきっ歯(歯の欠損を除く)
・軽度の歯の重なり
・矯正治療後の後戻り
・顎の変形がない(下顎の中心が左右にずれていない)
・受け口や出っ歯ではない
・乳歯が残っておらず全て永久歯である

もちろん、実際のお口の中を診察することで、マウスピース型矯正装置の適応となる場合もあります。また一般的に「抜歯」を必要とする治療には、適用を慎重に検討することが推奨されており、必ずしも全ての症例に適応できるわけではないので、きちんと先生と話し合って決めることが大事です。

Q.もしも、マウスピース矯正治療が上手くいかなかった場合はどうすればよいですか?
治療を始める前に、希望通りの治療結果が見込めなかった場合の対応を確認しておきましょう。マウスピース型矯正装置のみの治療しか対応していない歯科医院の場合、他の歯科医院での再治療を検討しなくてはならないなど、思わぬ出費やリスクに繋がります。先生とよく話し合ってから治療を始めることが大切です。

Q.マウスピース矯正治療のメリットとデメリットを教えてください。
マウスピース型矯正装置は、ただ長時間装着していれば良いというわけではなく、装着したらアライナーチューイーを噛むことや、飲食の度に外す必要があり、その都度装置の清掃をするなど、意外と手間がかかります。メリットやデメリットも踏まえ、どの治療法を選択するか先生と話し合って決めましょう。

メリット
・目立ちにくい
・歯の清掃がしやすい
・金属アレルギーの方でも使用できる
・通院頻度が少なくてすむ
・費用が安いものがある

デメリット
・治療できる範囲が狭い
・自分で管理しなければならない
・ややしゃべりにくい
・治療途中で虫歯になった場合、メーカーによっては再制作の必要がある


装置によってはアタッチメントという白い出っ張りを歯につけることがあるので、その点が受け入れられるかもよく考えてから決めると良いですね。

Q.その他、マウスピース矯正治療で注意すべき点はありますか?
患者さんの中には、「マウスピース矯正のみ」で治療を検討される方もいますが、ご自身で歯並びを治したいのか、マウスピース矯正をしたいのかをはっきりさせておくと良いです。また、マウスピース型矯正装置と併用すると、効果的と言われる加速矯正装置については、まだ不明確な点も多いため、治療に取り入れる際は慎重に検討してください。
「日本矯正歯科学会」や「日本臨床矯正歯科医会」のホームページでもマウスピース型矯正装置の注意点について紹介されているので、知識として読んでおくと良いですよ。

話を聞いてみて…
目立たないから、と安易にマウスピース矯正治療を希望するのではなく、自分の歯並びがマウスピースで治療が可能か、きちんと自己管理ができるかなど、メリットやデメリットも把握した上で治療法を選択するのが良いとわかりました。気になることがあれば、まずは専門の先生に相談してみるのがおすすめですよ。

お話を伺った先生/文化通り矯正歯科 西村院長

文化通り矯正歯科についてはこちらの記事をチェック!
大人になってからでも間に合う? 郡山市で歯列矯正なら「文化通り矯正歯科」へ!

連載