郡山市

「ヒューマニティー幼保学園の行事」がすごい!その6『農業体験』

『子ども達の生きる力を伸ばす!』ことをモットーに日々保育を行うヒューマニティー幼保学園の様々な行事をaruku視点でお届け!6回目の今回は「農業体験」をレポートします。

新年度を迎えて数ヶ月…今年度も、農業体験のスタートです!

ニッケイファームの大竹さんを迎えて、子ども達一人一人が「とうもろこし」の種を植えていきます♪

今年は、何と「白いとうもろこし」!!

とうもろこしは、黄色だと思っているこどもたち。白いとうもろこしと聞いて、「ええー!?」と良いリアクションです♪そして、とっても甘いそう❤️ますます楽しみで仕方のない様子でした。

大竹さんのお話を良く聞いて、種を丁寧に土の上にのせて植えていました。種を土のお布団にねせてあげたら、たっぷりのお水も忘れずに♪

「大きくなってね!美味しいとうもろこしに育ってね~」


「とうもろこしさんも、みんなで仲良く育ってね」という思いで、これからの成長をみていく子どもたち。

自然とふれあい五感で感じる体験、食物を育てる中で育まれる食べ物へのありがたさや感謝の心を、子ども達が自ら感じることができる経験や体験を通して伝えられていくんですね。

\見学も随時OK!/
ヒューマニティ幼保学園についてはこちらをチェック↓
ヨコミネ式教育が郡山で受けられる! 天才が育つ「ヒューマニティ幼保学園」の秘密!

※この記事は2022年5月に制作したものです。内容は取材当時のものです。

連載