bg_footer

福島市にある福島成蹊中学校。2009年に中高一貫コースをスタートして以降、進学実績を伸ばしている私立中高一貫校です。ですが、中高一貫校、進学校、私立、中学受験…と聞くと、敷居が高い、学費も高い、勉強だけの中学生活になりそう…と、敬遠する方も多いのではないでしょうか?教育改革が叫ばれる今、お子さんをいい大学に通わせたい、将来きちんとした職業に就かせたいと思うなら、小学生のお子さんを持つ保護者の皆さんは要チェックです!

良い「高校」に入れたい!を、目標にしていませんか?

68251e7321580ea6a0733c916d298488_s
小学生のお子さんを持つ保護者のみなさんは、良い大学よりも、先ず『良い高校に入らせたい!』を目標にしていませんか?福島県では出身大学より、どちらかというと出身高校で評価する風潮がまだまだあります。(よく「どの高校に行ったの?」と聞かれること、ありませんか?)。ですが、せっかく良い高校に入学しても大学受験の高い壁を前に挫折してしまう生徒が数多くいるのも事実。お子さんの大学進学、そしてその先の将来を考えるなら、“中学・高校一貫校”を選択肢に入れてみてはいかがでしょうか?

中高一貫校に通うメリットとは?

6
中高一貫校はその名の通り、高校受験を挟むことなく中学校・高等学校教育を計画的・系統的に一貫して受けることができる学校。福島成蹊中学校を始め、進学に力を入れている中高一貫校の多くは、先取りのカリキュラムを組み、高2生までにほとんどの履修を終えて、大学受験の大詰めの高3生の1年間を受験対策に充てています。受験直前までバタバタ授業をすることがないため、受験対策が間に合わない、レベルが追い付けない、ということがありません。実際に難関大学の合格率の上位は、中高一貫校出身者が占めています。そのことからも、中高一貫校の環境が進学率が高い、大きな理由のひとつと言えるでしょう。

高校受験は地区大会、大学受験は全国大会!

全国大会
中学生のうちから大学受験を考えるは早いのでは?と思われるかもしれませんが、高校受験後、次に大学受験を目指すとなると高校3年間で全国レベルの学力を培わなければなりません。東大、京大、早稲田、慶應義塾などいわゆる難関大には全国から受験者が集まるので、求められる学力も全国レベルになるのは必須。部活に例えるなら高校受験は地区大会、大学受験は全国大会になります。最初から全国を目標にしているのと、地区にしているのとでは差が出てしまうのは当然ですよね。高校受験がない中高一貫校なら、その段階の差を作ることなく中学生のうちから大学受験を視野に入れた学習・教育を受ける環境が整っているのです。

英単語数

難関大学受験に必要な英単語数は5,000~6,000語(通常の英語教科書は中高合わせて3,000語程度)。福島成蹊中高では中学英語のうちから、受験を見据えたカリキュラムで習います。

早稲田、慶應、国公立大…難関大合格者を毎年輩出する、福島成蹊中高一貫コース

180423_0504
福島成蹊中高一貫コースでは、毎年多くの大学合格者が出ていますが、中高一貫コースの生徒たちは国公立大学では東北大学、東京工業大学、お茶の水女子大学、福島県立医科大学など。私立大学では慶應義塾大学、早稲田大学、東京理科大学、上智大学、青山学院大学など医療系や難関と呼ばれる大学に毎年多く進学しています。これほど多くの大学合格者が出る理由を探っていきましょう。

年間1,500時間の学習量で、中学3年間で全体の偏差値が格段にアップ!

5
こちらのグラフは現高校2年生の学力推移調査総合偏差値(※ベネッセ)。入学直後の位置に比べ、3年後の模試では約12も上がっているのがわかりますね。偏差値別に推移をみると、入学直後は50以下の割合が多かったものの、3年後にはほとんどの生徒さんが50以上に。中には偏差値70を超える子も!全員が順位を上げている理由としては、やはり中高一貫コースのカリキュラムと環境が成績を伸ばしているのではないでしょうか。
※6年生一貫校の中学生向け全国模試。

少人数制クラスだから一人ひとりの学力を把握!

180423_0516
一貫コースは1クラス30名以下の小人数制。教師たちが生徒一人ひとりの学力や習熟度、勉強や目標に対する意識などしっかり把握できる環境があります。授業・課外授業は標準の1.5倍の学習時間となっていて、復習や演習など、習ったことを定着させる時間がしっかり確保できるのがポイント。取りこぼしやつまずきも少なく、もし不安要素が起きても、補習や個別相談にで早期に対応ができるサポート体制があります。何度も繰り返し、徹底して確認と復習を行うことで、確かな基礎学力を養うことができるのです。

東大入試問題を解答できるレベルの教師陣が揃っている!

180423_0547
福島成蹊では高1後期のうちから一人ひとりの進学目標や習熟度に応じ、大学入試を視野に入れた補習体制を設けています。各科目の基礎的なことから、難関大やセンター試験の過去問など実践的な演習まで行い、学年の枠を超えたレベル別の講座を受けることができます。教えるのは東大入試の問題を解答できるレベルの先生たち。高校3年になるとより実戦的な入試対策指導も始まるので、中学高校の教育課程を早く終える分、1年かけてじっくりと受験対策に身を投じることができるのです。

○小学生のびのびプログラム チャレンジ!ICT講座 
10月13日㈯ 14:00~17:00
腰浜キャンパス 小学校3~6年生 要申込
iPadを使って、いろいろな活動をします。もちろん、初めての人でも大丈夫!これからますます広がっていくアクティブラーニングにチャレンジしてみましょう。

お問合せ・お申込はこちら
024-526-2282

2020年を境に代わる教育改革にも対応!

2
10年後今ある49%の職業が無くなる!?グローバル化はどこまで進む!?英語ができないと就職できない!?など社会の変化が今後急激に変化すると言われる今。テレビやネットに飛び交うニュースを見ていると、お子さんが成長した未来は一体どんな社会になっているのか…と、不安になってしまいますよね。国では将来の社会変革を見据えた教育改革を2020年を境に施行するとしています。つまり、学校教育も大学入試も変わるということ。福島成蹊中高一貫コースでは、2020年以降に向けた教育を既に始めています。

大学入試改革⇒英語の入試対策はすでに始まっています!

img_important
現行のセンター試験に代わり、2020年度からスタートするのが「大学入学共通テスト」(以降、「共通テスト」)。センター試験になかった記述式問題の導入、英語では4技能(読む・聞く・話す・書く)を民間の資格・検定試験を活用して評価することが挙げられます。既に私立大学の一般入試で英検やTOEFLといった資格や成績を評価する所もあるため、今後は総合的な入試対策が必要となってきます。逆にAO入試・推薦入試では学力試験を必須化するとしています。中高一貫コースの英語では「単語を覚える」「英文を読む」などといったInputだけでなく、「英語を話す」「英語で書く」といったOutputも重要視した、独自の英語カリキュラムを履修します。

学校教育改革⇒学力だけじゃない!人間力の偏差値も上げる学校教育。

180423_0625
学校教育では21世紀の社会を生き抜くために「どのような力(資質・能力)を身につけるのか」「何ができるようになるのか」まで踏み込んで求める教育に変わります。『知識』『思考力』などの学力にプラスして、『主体性・協働性』など社会性の部分が求められていきます。

中高一貫コースでは人間としての基礎力、応用力、実践力をみがくべく、多岐にわたる学習や行事を通して、学力偏重ではなく、総合的な人間力を育みます。授業ではではアクティブ・ラーニングを重視し、1つの課題に対しグループによる学習や発表などを取り入れています。そうすることで生徒自身も自分から考える、行動を起こすなど自立性を高め、また生徒同士の協調性やコミュニケーションも高まります。

img_month06
バスケ

学校行事は中学校~高校を通し、文化祭、球技大会、海外研修旅行の他、林間教室や登山合宿、スキー教室など宿泊行事が多くあるのも福島成蹊の特徴。机の上では学ぶことができないことを五感を通して体験し、学校の思い出になるとともに人間的な成長にもつながります。

3
4

写真は中学3年生で行く、カナダ文化交流での様子。世界有数のガーデン、ブッチャート・ガーデンの見学やカナダの同世代の学生との文化交流を行ったりと、、国際交流をはかります。

勉強・成長ができる・できないは7割・環境で決まる!

180423_0527

学力を形成するのは親の遺伝ではなく“周りの環境が7割”と言われています。周りの友達が豆テスト前にノートを見直していたり、読書をしていたり、勉強への向上心が高かったら「自分もやらなきゃ!」という意識が自然と芽生えるもの。足を引っ張り合うのではなく、互いに切磋琢磨できるような人間関係を築くことができます。も「テストで何点以上取る」「○○大学を目指す」など共通した目標を持つ仲間がいることで、自習時間に自然と勉強に取り組んだり、教え合ったりすることで、互いに高めあえる深い人間関係も育成できるのです。

○小学生のびのびプログラム チャレンジ!ICT講座 
10月13日㈯ 14:00~17:00
腰浜キャンパス 小学校3~6年生 要申込
iPadを使って、いろいろな活動をします。もちろん、初めての人でも大丈夫!これからますます広がっていくアクティブラーニングにチャレンジしてみましょう。

お問合せ・お申込はこちら
024-526-2282

先生の声

福島成蹊中学校・高等学校の中高一貫コースには生徒が成長する環境があります。
中学校入学直後の全国模試では低い位置からのスタートとなります。この地域には中学受験をするという環境がないからです。しかし、大学受験では、小学生のうちから土日はお弁当をもって塾に通ってきた首都圏や関西圏の生徒たちと戦う力を身に着けさせなければなりません。ですから、生徒たちも入学時は環境の変化に戸惑いもあると思います。しかし、半年後の2回目の模試ではグラフが急激な右肩上がりを描きます。このことは福島の子どもたちの中にも首都圏の子どもたちに劣らない潜在的な力が存在し、それが本校の環境の中で顕在化したことを示しています。中には中学校1年の最初の模試から中学校3年の最後の模試までに偏差値が30以上アップする生徒もいます。そうした力を持っていながら、環境によっては、発揮されないまま終わってしまうとしたら極めて残念なことです。

もちろん、本校の生徒が全員、成功しているか、というとそうではありません。全員が成績を伸ばしますが、生徒間の差が縮まるわけではありません。結果として、難関大に合格する生徒もいれば、そうでない生徒もいます。しかし、何が「成功」かは相対的な問題ではないでしょうか。私たちはこれまでの経験で、合格した大学の偏差値と生徒たちのその後の自己実現が必ずしも比例しないことを知っています。もちろん、生徒一人ひとりの志望進路実現に向けてできる限りのバックアップをするのが私たちの責務ですから、難関大学を志望する生徒にはそれに見合った指導を全力でします。しかし、その結果、合格すれば教育の成果があった、合格できなかったから教育の成果がなかったとは思っていません。「教育の成果は〇〇年後に現れる」とは教育の世界ではずっと語られている言葉です。大学合格も包括したうえで、生徒の人生をバックアップするために、生徒を人間的に「成長」させるのが教育の目的です。私たちの仕事の全ては目の前にいる生徒をできる限り成長させることに向いています。その結果、たどり着く場所は生徒によって異なりますが、そこを足掛かりにたくましく人生を切り拓いていってくれるものと願い、信じ、教育をおこなっています。
(福島成蹊中学校・高等学校 後藤ひとみ教頭先生)

img06

来たる東京オリンピックを境に、増々求められるのは国際的な日本人。これからの社会で求められる能力を6年間で育てるべく、福島成蹊中・高校一貫コースでは学力だけでなく人間としての基礎力、応用力、実践力を6年間かけて磨き、また成長できる環境があります。写真の茶道教室のように、礼儀作法や国際社会において自文化を伝えていく大切さを学ぶ場も。ウチの子は難関大学なんて…と思っているお母さん、子どもにもっと良い環境を与えてあげたいと思っているお父さん、ここならお子さんの大きな飛躍の第一歩になるかもしれませんよ!

実際、福島成蹊ってどうなの?
在校生、卒業生、保護者の方々の生の声はコチラ!

○小学生のびのびプログラム わくわく!夏休み自由研究お助け講座
7月28日㈯ 14:00~17:00
腰浜キャンパス 小学校3~6年生 要申込
夏休みの課題学習で悩んでいるみなさんに経験豊富な先生たちが、とっておきのヒントを教えます。理科研究、図画工作、読書感想文の3つの講座を開講します。○小学生のびのびプログラム どきどき!科学実験教室
9月8日㈯ 14:00~17:00
腰浜キャンパス 小学校3~6年生 要申込
理科が好きな小学生の皆さんといっしょにちょっとどきどきする実験をします。不思議な科学の世界を楽しみましょう。

○中学校模擬入試 
9月30日㈰ 14:00~16:30
腰浜キャンパス 小学校5~6年生 要申込
今年度の出題傾向をふまえた模擬入試を行います。後日、採点答案と解説資料をお送りします。結果よりも「学習のきっかけになる」と好評です。試験時間中に保護者説明会を行います。

○小学生のびのびプログラム チャレンジ!ICT講座 
10月13日㈯ 14:00~17:00
腰浜キャンパス 小学校3~6年生 要申込
iPadを使って、いろいろな活動をします。もちろん、初めての人でも大丈夫!これからますます広がっていくアクティブラーニングにチャレンジしてみましょう。

○小学生のびのびプログラム 第1回ぐんぐん!ステップアップ講座(算数・英語) 
10月27日㈯ 14:00~17:00
腰浜キャンパス 小学校6年生(5年生可) 要申込
学習の楽しさは「分かる」こと!苦手な人には基本から丁寧に、得意な人にはより進んだ世界を。みんながぐんぐん伸びる学びを用意して待ってます。

○小学生のびのびプログラム 第2回ぐんぐん!ステップアップ講座(算数・英語)
11月17日㈯ 14:00~17:00
腰浜キャンパス 小学校6年生(5年生可) 要申込
学習の楽しさは「分かる」こと!苦手な人には基本から丁寧に、得意な人にはより進んだ世界を。みんながぐんぐん伸びる学びを用意して待ってます。

○1期入試
12月2日㈰ 8:30~15:00
詳しくはHPへ

○2期入試
1月6日㈰ 8:30~15:00
詳しくはHPへ

 

学校法人福島成蹊中学校・高等学校(中高一貫コース)

店名 学校法人福島成蹊中学校・高等学校(中高一貫コース)
住所 福島県福島市腰浜町15番21号
TEL 024-526-2282
URL http://www.f-seikei.ed.jp/jhs/